あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グラディウスジェネレーションのレビュー
たまにやりたくなるんですよね、シューティングゲーム!!

そこで、ゲームボーイアドバンス全盛期に買ったグラディウスジェネレーションが役に立ったりするのだ。ところで

グラディウスっていうのは、偉大だと思う。

何が偉大かって?

う~ん…。何と言ったらいいのか難しいのだが。
1985年に1作目が出て20年以上たった今でも、その最新作が出続けていて遊びたいと思ってしまう魅力がある。
今、1作目を遊んでも面白いし古臭さを感じさせない。
しかも、カッコいいしね。

まあ、とりあえずスゴイゲームなのだ!!

で、グラディウスを知らない人はあまりいないと思うが、念のために説明すると、コナミの横スクロールシューティングで、パワーアップするためのカプセルを取ってパワーアップのメーターを移動させる。
そして、させたいパワーアップのところで決定させてどんどんパワーアップさせていってどんどん敵を撃墜!!といった感じですね。

主なパワーアップの種類はスピードアップやミサイル、レーザー、オプション、バリアなど。

ステージは火山面やモアイの面や細胞の面等、バラエティに富んでいる。よく、こんなばらばらなシーンでよく統一感を出せたなと感心する。

第一作目以降もアーケードや家庭用にどんどん発売された。

で、このゲームボーイアドバンス版のグラディウスジェネレーションの紹介となるわけだが、さすがGBAだけあってグラフィックはキレイだ。
モアイの面や火の面など、グラディウスらしいステージが用意されている。

ゲームバランスも良く、難易度は低めだと思う。
しかも、シューティングには珍しくセーブ機能が付いており、クリアしたステージはいつでも再プレイが可能だ。さらにヒントまで付いており、初心者に優しい仕様になっている。携帯機を意識した仕様とも言える。

そしてグラディウスシリーズでは楽しみなBGM(音楽)だが、聴いたとき僕はビックリした。

ファ、ファミコン???

そう、GBAから鳴っている音楽だとは到底思えないのだ。重厚とは程遠いあの懐かしい感じのピコピコ音なのだ。

何で???

これだけは理解できない。もっと出来たでしょ、コナミさん。
ちょっと残念でした。

でも、それ以外はよく出来たゲームですよ。

ところで、このゲームをレビューしようと思ってインターネットでグラディウスジェネレーションについて色々見てたら、チャレンジモードなるものを発見!!

何これ???

どうも、難易度ノーマル以上でコンティニューせずに573000点以上取るとチャレンジモードが出現するらしい。

ええ、ワタクシ、今知りました。

今回も自分のヘッポコさにあきれました。

とりあえず、やり込み度が高いゲームということですね。

このいろいろな意味で楽しさ満載のグラディウスジェネレーション、あなたもやってみませんか?

たなべんのこのゲームに対する評価75点

ゲーム情報
対応機種:ゲームボーイアドバンス
メーカー:コナミ
ジャンル:2Dシューティング
定価  :6090円(税込)
発売日 :2002年1月17日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
グラディウスジェネレーション

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

逆転裁判のレビュー
えぇ?裁判のゲームぅ???

初めてこのゲームを知ったとき、こんな裁判という未知でややこしそうな題材をテーマにしたゲームが面白いのか?という思いでいっぱいだった。

でも、それから雑誌や知り合いの情報ですごく面白いと評判を聞くようになって、ちょっとやってみようかなと思うようになった。
で、会社の先輩に借りてやってみた。

それから数時間…。

これは、オモシロすぎる…

ゲーム内容はゲームタイトルのとおり裁判がテーマで、自分は新米弁護士、成歩堂 龍一(なるほどう りゅういち)となって法廷に立って依頼人(被告人)の無実を証明するといった感じ。

えっ?被告人が無実?

と疑問に思うでしょうが、そこはゲーム。なんと、そうなんです

成歩堂に来る依頼人は全員無実なのです。

現実の世界はそんなことないですよ。ゲームですからね(笑)

でも実際ゲームを始めるとそんなことはどうでもいいくらいハマります。

まず登場キャラクターがみんなスゴく魅力的。
僕は今までにないくらいゲームに出てくるキャラクターに愛着がわきました。
どのキャラクターが一番好きかと聞かれたら僕は決められません!!

そして、シナリオが良いっていうかスゴイ!!

全4話あるのだが、初めの1話はまあ、当然ウォーミングアップて感じで、こんなもんかなと思う程度なのだが2話目にいきなりビックリさせられる。今までゲームを色々やってきたがこんなのは初めて。
明らかに主要キャラクターが○○○!!!(これは言えません、あなた自身で確認してくださいね)
まだ2話目なのにどうなるんだ???普通ならこんな展開は最終話だろうと思い、期待と同時に展開が尻つぼみになるんではないかと心配になりました。
でも、全然大丈夫でした。

それからも、それ以上のスゴイ展開が待っていましたから!!

このゲームには普通のアドベンチャーゲームのような感じで情報を集める探偵パートと、法廷に立って証人の証言の矛盾を暴き依頼人の無実を証明する法廷パートがある。

探偵パートは若干ダレたりするときもあるのだが、

法廷パートが熱い!!

法廷パートでは証人がウソをついているので、その矛盾を暴いていかなければならない。
自分は法廷記録というのを持っていて、その中に事件に関しての様々な情報が載っている。その法廷記録と証人の証言を照らし合わせて矛盾を探し追及していく。
その矛盾を見つけなければならないのだが、その難易度が実に絶妙で、考えればちゃんと分かるようになっている。

この法廷パートと秀逸なシナリオが見事に絡み合い、ものすごい興奮を味わうことができた。

ホントにプレイしている間、僕は幸せだった。

このゲームをまだプレイしていない人には是非、体験していただきたい。

この後に逆転裁判2と3がある。
この3部作が成歩堂編となっている。
これからプレイする人は絶対1から順番にプレイしてください。
1から2、3と物語が続いていきますから。
また、今ならDS版の逆転裁判 蘇る逆転をプレイすることをオススメします。僕がプレイしたGBA版にシナリオが1つ追加されているみたいです。
しかも、タッチペンでも操作できるので快適さもアップしているようです。

僕もDS版をいつかプレイしようと思っています。
また、会社の先輩に借りて。

えっ?自分で買えって?
ごもっとも。でも小遣いが少ないので買えないんです(涙)。
ホント、会社の先輩には感謝です!!!

あっ!!そうそう、4月には待望の逆転裁判4がでますよ!!
楽しみですね。

たなべんのこのゲームに対する評価98点

ゲーム情報
対応機種:ゲームボーイアドバンス
メーカー:カプコン
ジャンル:法廷バトル
定価  :4800円(税込)
発売日 :2001年10月12日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
ゲームボーイアドバンス版
逆転裁判
ニンテンドーDS版
逆転裁判 蘇る逆転

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:逆転裁判 - ジャンル:ゲーム

リズム天国のレビュー
少ない時間で単純なゲームでスカッとしたい時ってあるよね?

RPGやアドベンチャー、シミュレーションじゃプレイするには重いし、アクションや、シューティングなどは時間がかかる分気合がいるし…。
手っ取り早くサクッと短時間で遊びたい!!スカッとしたいって時、以外にそんなゲーム少ないと思う。

そんなとき、リズム天国が良いのだ!!

ゲーム内容は音ゲー(音楽がテーマのゲーム)。
40種類ものミニゲームがあるのだが、そのミニゲームは音楽(リズム)に合わせてボタンを押すだけという単純さ。
特に説明書を読まなくてもゲームをすぐに理解でき遊べる。
また、1つのゲームは数分で終わるため少しの時間で遊べてお手軽なのだ。しかもゲームボーイアドバンス用(DSもオッケー)なので、したいときに即行スイッチオンでプレイ出来ちゃいます。

そしてここが、このゲームのスゴイところなのだが、

1つ1つのミニゲームの出来とセンスが良い。

40種類もあるのに、まあこんなにバラエティに富んだものを用意できたなあという感じ。(アレンジのミニゲームも含まれてるんでオリジナルはもっと少ないが)
また、それに出てくるキャラクターもセンスが良いし、音楽も体が思わずリズムに乗ってしまうほど。

このリズム天国にはリズム感チェックというモードがある。
最初、ゲームを始めたばかりの頃はリズム感があまり良くなかったのだが、それからゲームを始めてからしばらくして、もう一度測定したら何と、かなりリズム感がUPしていたのだ。

おまけも充実していておまけゲームやドラムレッスンなどクリア後も遊べる。ただ、さすがにずっと飽きずに遊べるかと言われればどうかということになりますが。

でも、定価3800円ということを考えればコストパフォーマンスはかなりのものだと思います。

長編ものの合間や、ちょっとした休憩に遊ぶには絶好のアイテムですよ。

ただ、最後の方に出てくるミニゲームで、両手別々のリズムを刻まなければいけないゲーム。
僕は両手別々の動きなんて出来ません。

こんなもん、できるかあーーー!!!

えっ?それだけ別の人にやってもらったらいいって?

それは、悔しいんでイヤです。すんません、ワガママ言って。

是非、興味のある方試してくださいね。

たなべんのこのゲームに対する評価80点

ゲーム情報
対応機種:ゲームボーイアドバンス
メーカー:任天堂
ジャンル:ノリ感ゲーム
定価  :3800円(税込)
発売日 :2006年8月3日

気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
リズム天国

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:音ゲー全般 - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。