あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼビウスのレビュー
今回はファミコンのゼビウスでいきます。

ゼビウスは縦スクロールシューティングゲームで空中の敵と地上の敵別々に攻撃するシステムになっている。
ゼビウスは元々アーケードで出ており、それがファミコン等、様々なゲーム機やPCに移植されていった。

実は僕、あまりゼビウスに関して詳しいわけでもないし、特に思い入れがあるわけでもないが今でもカッコよくて面白いゲームだと思っている。
でも、1984年に発売されて23年にもなるが未だに面白くてカッコイイと思わせるのはスゴイことだと思う。

僕が始めてゼビウスに出会ったのは正月に親戚の家に行ったとき、いとこがファミコンを持っていてゼビウスを見せてくれた。
いとこが「ほら、ゼビウス買ったで!!」と言ってたのを覚えているが、そのとき僕はゼビウスについては見たことも無ければ聞いたことも無かったので、そのときは「ふ~ん」程度にしか思ってなかったように思う。
また、シューティングゲーム自体初めてだったので、ほとんどゲーム開始直後の「チャーラチャララチャッチャ…」の音楽が鳴っているところで「チュドーン!!」と死んでしまい楽しめなかった。

そんな僕がゼビウスをきっちり評価できたのはだいぶ経ってからだった。

まずスゴイのは世界観。
小説が出ている程の詳細な設定ぶりでゼビ語やキャラクター1つ1つの設定等、一般的なゲームよりも格段に詳細に設定されている。
ゼビウスファンにはキャラクターの名前を全て言える人が多い。それがゼビウスのキャラクター作りの秀逸さだと思う。

グラフィックもスゴイ!!

派手さは無いが、統一された色使いのなかでカッコよく仕上がっている。
飽きがこないグラフィックといえる。
また有名なナスカの地上絵やボス的存在のアンドアジェネシスなどインパクトのある要素も備えている。
前述の詳細な設定と相まって神秘的な雰囲気を醸し出している。

次に、サウンド!!
ゲーム開始時以外はピロリロピロリロ…と電子音を繰り返すだけだが

それが逆にカッコイイ!!

ホントにセンスが感じられる。

これらが一体となって、素晴らしいゼビウスワールドを形成しているのだ。

また僕はあまり詳しくないのだが隠しキャラもあり、それも話題になっていたのを覚えている。

今でも、たまにプレイしたくなりプレイするのだが20年以上前のゲームと思えないほど完成度が高く、今遊んでも十分面白い。
ゼビウスファンの方はもちろん、まだプレイしたことのない方もこの機会に是非遊んでみてはいかがでしょうか。

たなべんのこのゲームに対する評価90点

ゲーム情報
対応機種:ファミリーコンピュータ
メーカー:ナムコ
ジャンル:シューティング
定価  :4900円
発売日 :1984年11月8日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
↓PCエンジン版
ゼビウス ファードラウト伝説 【PCエンジン】

↓プレイステーション版
ナムコミュージアム Vol.2 PlayStation the Best

↓Windows版
Ultra2000 ゼビウス

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

スパルタンXのレビュー
昔のゲームを今、プレイすると大概思っていたより面白く感じられないことが多いのだが、色あせず、面白いゲームも結構存在する。

その1つに挙げられるのがファミコンのスパルタンXだ。

このゲームは元々アーケードゲームとしてアイレムから出ていたのだが、それをファミコン版として任天堂が発売した。

僕はアーケード版はプレイしたことがありません。
当時、ゲームセンターでゲーム出来るほどのお小遣いは持っていなかったので(当時は小学生)。

ゲーム内容は格闘のアクションゲームでステージは横スクロールになっており迫り来る敵を倒しながら進んでいき待ち構えるボスを倒せばステージクリアといった感じ。

で、このファミコン版だが今プレイしてみてもかなり面白い!!

今プレイしても面白いファミコンソフトランキングというのがもしあれば、きっと上位に位置するだろう。

なんで、今遊んでも面白いのか?それは、

プレイヤーが操作する主人公キャラクターのトーマスとの操作による一体感が良いからだと思う。

キックやパンチ、ジャンプそれぞれのトーマスの動きとボタンの操作感が抜群で、頭に描いたとおりの動きをしてくれる。

また、バランスも絶妙で小気味良いアクションが楽しめるのだ。

敵キャラも豊富で大量発生する「つかみ男」やナイフを投げてくる「ナイフ男」など様々だ。
そんな雑魚をテンポ良く倒していくのは気持ち良い。
また、キックやパンチなどを出しているときのトーマスの掛け声も雰囲気がでて良い。

とにかく今遊んでも楽しめる優良ソフトなので、ぜひ皆さんにも楽しんでもらえたらと思います。

たなべんのこのゲームに対する評価90点

ゲーム情報
対応機種:ファミリーコンピュータ
メーカー:任天堂
ジャンル:格闘アクションゲーム
定価  :4900円
発売日 :1985年6月21日


気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

ロードファイターのレビュー
この前、会社の先輩がうちに遊びに来た。

いつもゲームをしているのだが、あまりじっくり遊ぶ雰囲気でもなかったため、久しぶりにファミコンを出して、持っているファミコンゲームで遊んでみた。

その中で、このゲームが良かったのである。それは、

ロードファイターだあ!!

今でも色あせず遊べるイカしたゲームである。

ゲームはレースゲームなのだが、順位を競うのではなくゴールまでたどり着けばいい。
上からの見下ろし画面で上から下にスクロールし、右に左にライバルカーを避けつつ抜いていく。
この頃の普通のレースゲームならライバルカーに接触すれば即爆発したり止まったりしたのだが、このゲームはスピンし始めるので、すかさず逆ハン(滑った方に十字ボタンを押す)をすると自分の車が復帰するのだ。

これが、たまらなく気持ちいい!!

慣れてくると、わざとライバルカーに接触して逆ハンを楽しんでしまうのだ。

また、スピード感もかなりあって快感度はかなり高い。

こういうゲームを遊ぶと、ゲームはマシンの性能が全てでは無いというのが、はっきり分かる。

また、昔遊んでいたときの記憶や感覚がよみがえるのだ。それはゲームの記憶だけではない。そのときのゲームをしているときの光景が脳裏によみがえり、何ともいえない懐かしい感覚が戻ってくる。
しかも、コントローラーを操作している手がプレイ感覚を呼び覚まし、2重の懐かしさを呼ぶ。

これは、当時プレイしていた人に対するプレゼントだと思う。

かなり昔プレイして、現在押入れの奥にしまっているゲームがあるなら、ちょっと引っ張り出して遊んでみていただきたい。きっと何かを感じてもらえると思います。

たなべんのこのゲームに対する評価80点

ゲーム情報
対応機種:ファミリーコンピュータ
メーカー:コナミ
ジャンル:レースゲーム
定価  :4500円
発売日 :1985年7月11日


気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。