あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エイリアンソルジャーのレビュー
実は、僕は元自称メガドライバーである。
メガドライバーって何かって?
それは、メガドライブをこよなく愛するユーザーで他のゲーム機のユーザーよりユーザーであることを誇りに持っている。

当時、スーパーファミコンとPCエンジンもあったが、僕はメガドライバーが一番熱かったし、ゲームというものを真剣に見ていたと思っている。

かつて、そのメガドライバーのためだけに捧げられたゲームがあった。そのゲームは

エイリアンソルジャー!!

まあ、タイトルは何てないのだが、オープニングタイトルの中央部には

FOR MEGADRIVERS CUSTOM

という英文が!!まさにメガドライバーのために作られたというのがひしひしと伝わってきて、いやがおうにもテンションは上がる。

で、ゲーム内容だが、横アクションロールプレイングゲームで次々と襲い掛かる全25体ものボス級の敵と戦い続けなければいけないというハードなゲーム。

自キャラは見た目は鳥人間のエイリアン。6つのうち4つの武器を装備し、状況によって使用する武器を切り替えながら敵と戦っていく。
しかし、どの武器がどう選んで、どう使っていくかというのは僕自身まだクリアしていないため実はよくわからない。

とにかく超難しい!!

さすがメガドライバーのために作られたゲームだけあって、その難易度はハンパじゃない。

オプションでゲームの難易度を変えることが出来るのだが、SUPEREASYとSUPERHARDしかない。日本語でいうと超簡単と超難しい(それくらいわかるって?)
ただSUPEREASYでも他のゲームに比べもんにならないくらい難しい。

でも、メガドライバーにとってはスゴク嬉しいのだ。
何故かってそれがメガドライバーだから。

とにかく、細かいところをとってもそそられるのだが、ゲーム自体もホントにスゴイ!!
メガドライブの性能ギリギリまで使って、多間接デカイキャラクターが滑らかな動きで所狭しと暴れまわるのだ。
トレジャーという会社が開発を行っていたのだが、その技術力は誰もが認めるところ。

ホントにメガドライバーで良かったと思える一品です。
腕利きのゲーマーの方は是非、挑戦していただきたい。
クリアできたらホントスゴイと思いますよ。

でも、実はPS2用に移植版が出ちゃってます。

ダメじゃないですか、セガさん…

たなべんのこのゲームに対する評価100点


ゲーム情報
対応機種:メガドライブ
メーカー:セガ
ジャンル:アクション
定価  :6800円
発売日 :1995年2月24日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
↓メガドライブ版
エイリアンソルジャー MD 【メガドライブ】

↓PS2版
SEGA AGES 2500シリーズ Vol.25 ガンスターヒーローズ~トレジャーボックス~

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

ソニック・ザ・ヘッジホッグのレビュー
僕はメガドライブが大好きだ。

僕の大学時代の思い出には結構メガドライブの思い出が多い(それも結構悲しい話だが…)。

まあ、自称メガドライバーってことで。
ホンキのメガドライバーさんには「100年早いわ!!」と言われそうだが(笑)。

そんなメガドライブライフに入るきっかけをくれたのはセガから発売された「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」だ!!

このゲームは横スクロールアクションゲームでスーパーマリオシリーズのような感じなのだが、大きな特徴はハイスピードというところ。

スーパーマリオが「てけてけピョン」という感じだとしたらソニックは「タタタタピョ~ン」といった感じか。

そんなソニックとの出会いは某有名ゲーム雑誌でソニックがセガの公式キャラクターに決定したという記事を見たこと。
そして、その横にあったたった一つの画面写真を見て

「カッコエエ~!!」

と一目惚れ。

「これ買う~~~!!」

と即決。

ソニックはマリオみたいなオッサン(任天堂及びマリオファンの方々ごめんなさい。当時そう思ってました)とは違いハリネズミのキャラクターでかわいい中にもクールさがあってかっこよかったのだ。

それまで、メガドライブに一度も興味を持たなかった僕が一気にテンションMAX!!

早速メガドライブ本体と、ついでに買ったアウトランと共にソニックを購入。
そして、期待を胸にプレイした。

メガドライブをセッティングし、ソニックのROMを挿し本体の電源をON!!

するとソニックが高速で駆け抜け、その残像とともにセガのロゴが現れ、

セ~ガ~~~

というボイスが!!

うおお!!テレビCM(当時の)みたいだあ~~。

今でこそ、ボイスは当たり前だが当時のゲームではなかなか無かった。なかでもROMカセットのゲームではメモリ容量が少ないため、大容量を必要とするボイスの入ったゲームは珍しかった。しかもメガドライブのROMカセットのゲームの電源を入れた後は必ずといって良いほど「SEGA」のロゴが出てくるだけだったのだ。

そして、タイトル画面になりゲームスタート!!

ソニックを移動させてみた。

ゆっくり加速していくと足がトム&ジェリーばりに高速で回転する。

速いっ!!

ソニックの加速とともに画面が高速でスクロールしていく。
初めてプレイしたときには結構ビックリしたものだ。

スクロールが早いとソニックの操作がしづらいのでは?と思われるかもしれないが、全くそんなことは無い。
操作したとおりにきっちりソニックが反応してくれるので操作感はかなり良い。

プレイしていくとステージの途中ですべり台やパイプなど、入ってしまうと操作不能な移動するための仕掛けが至る所に用意されている。
そこに入ると、ただでさえハイスピードなソニックが更にスピードアップする。それは目に追えないくらい。

とにかく、胸がスカーッっとするのだ!!

でも、常にハイスピードというわけではなく、テクニックを要するステージもあり、その場に応じた攻略が必要となる。

ステージ画面や敵キャラクターもセンスが良く、ハイスピードアクションにマッチしている。
また、このゲームでは敵キャラクター倒してもそのキャラクターが死ぬという設定にはなっておらすDr.エッグマンによって敵キャラに変えられた動物が開放されるということになっている(確か)。
敵キャラクターは殺してしまうというのが当たり前になっているゲーム業界のなかで、嬉しい設定だと当時思ったのを覚えている。

そう考えると、余りにも殺したり倒したりするゲームばかりな上(RPGなんかはどんだけ敵を殺してることか)、ゲームだとしても敵キャラクターを殺すことに何も感じなくなっていること(自分も含めて)が

非常に悲しいことだと思う。

あまりにも、当たり前のことすぎてピンとこない人も多いと思うが。

話がそれたが、このソニック・ザ・ヘッジホッグは僕をメガドライブの世界に引きずりこむのに十分な出来だった。

そこから、僕は当時遊んでいたスーパーファミコンそっちのけになるほどメガドライブにはまっていくのでありました。

ぜひ、皆さんも、ソニックシリーズの記念すべき第一作目をプレイしてみませんか?

そういえば、音楽はドリカムの中村正人氏。
ハイクオリティーの音楽もぜひ聴いてみてください。

たなべんのこのゲームに対する評価90点


ゲーム情報
対応機種:メガドライブ
メーカー:セガ
ジャンル:アクション
定価  :6000円
発売日 :1991年7月26日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
↓メガドライブ版
ソニック・ザ・ヘッジホッグ MD 【メガドライブ】

↓セガサターン版
SONIC JAM

↓ゲームキューブ版
ソニック メガコレクション

↓プレイステーション2版
ソニック メガコレクション プラス

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
コラムスのレビュー
コラムスって知ってます?

結構有名なので知っている人は多いと思います。

落ちゲーと言われるパズルゲームなのですが、内容はというと上から様々な色の3つ連なった宝石が落ちてきて、それを縦、横、斜めに同じ色の宝石を3つ並べると、その宝石が消えるというルール。

落ちゲーというとぷよぷよやドクターマリオなど様々なものが発売されているが、それらのほとんどが頭を使ってゲームを楽しむものなのだ。

このコラムスもそうなのかもしれない。

でも、僕の楽しみ方はそうじゃない!!

このゲームは僕にとって最高のトリップアイテムなのだ!!

最初は、パズルゲームとして頭を使って楽しむつもりで購入したのだが、遊んでいると頭がボーっとマヒした感じになって、すごく気持ちよくなってきたのだ。

なんだ、これは?

これは、おもしろいと思った。

シューティングゲームなどでたまに、スイスイ進んだときなどにハイになるときがあるが、これは慣れてしまえばいつまでもハイを体験できる。

ただ僕にとって、このトリップを体験できるのは今のところメガドライブ版のみだ。

多機種版はサターン版のSEGA AGES コラムス アーケードコレクションしかプレイしていないが難しすぎる。

メガドライブ版のゲームをORIGINAL GAMEでスタートしてCLASSをNOVICE、LEVELを0、TIME TRIALをNOでプレイ。
そうすると難易度がかなり下がり、適当にやっていてもゲームオーバーになりにくくなる。
設定時BGMも選べるのだが、僕はもっぱらCLOTHOがお気に入り。

楽しみ方としては、ちょっとズレているかもしれませんが、イイですよ~。

でも、トリップを味わうならメガドライブ版ですよ!!

たなべんのこのゲームに対する評価90点


ゲーム情報
対応機種:メガドライブ
メーカー:セガ
ジャンル:パズル
定価  :5500円
発売日 :1990年6月30日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
↓メガドライブ版
コラムス MD 【メガドライブ】
↓プレイステーション2版
SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.7 コラムス
↓セガサターン版
SEGA AGES コラムス アーケードコレクション
↓PCエンジン版
コラムス 【PCエンジン】

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

エコー・ザ・ドルフィンのレビュー
イルカが主人公って、どうなのか?

このゲームの記事を雑誌で見たとき思いましたよ。

そのゲームはメガドライブで1993年に発売されたイルカが主人公のアクションゲーム。

で、発売前某ゲーム雑誌でレビューを見たら評価が良かったのだ。

だったら買ってみようと思って買ってみてプレイしてみた。
すると、

何、これ?スゴク良いじゃないか!!

ゲーム内容は主人公のイルカのエコーが嵐によって連れ去られた仲間を探しにいくといった感じ。
クラゲやサメなどの敵と戦い、仲間のイルカなどと話をして海の中にある仕掛けなどを突破してクリアしていく。

それはそれでいいのだがこのゲームの肝は

エコーを泳がすのがスゴク楽しいところなのだ!!

洋ゲー(海外メーカーのゲーム)とは思えないぐらい操作性が素晴らしく、エコーを操作しているだけで気持ちいい。

また、グラフィックがメガドライブとは思えないぐらいキレイで、海というものを見事に表現している。日本のメーカーではなかなか出せないセンスで思わず見とれてしまう。

音楽も日本のメーカーのゲームには無いセンスでボーっと聞き入ってしまう。

それらの素晴らしいグラフィックと音楽のマッチングでいつまでもその場で泳いでいたい気分になる。

このゲームのおかげで当時イルカが好きになったほどだ。

とにかく素晴らしく、僕の中では一番好きなメガドライブのゲームである。

WiiのVC(バーチャルコンソール)でも配信されているので是非遊んでいただきたい。

たなべんのこのゲームに対する評価100点

ゲーム情報
対応機種:メガドライブ
メーカー:セガ
ジャンル:アクションゲーム
定価  :6800円
発売日 :1993年7月30日


気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。