あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロードファイターのレビュー
この前、会社の先輩がうちに遊びに来た。

いつもゲームをしているのだが、あまりじっくり遊ぶ雰囲気でもなかったため、久しぶりにファミコンを出して、持っているファミコンゲームで遊んでみた。

その中で、このゲームが良かったのである。それは、

ロードファイターだあ!!

今でも色あせず遊べるイカしたゲームである。

ゲームはレースゲームなのだが、順位を競うのではなくゴールまでたどり着けばいい。
上からの見下ろし画面で上から下にスクロールし、右に左にライバルカーを避けつつ抜いていく。
この頃の普通のレースゲームならライバルカーに接触すれば即爆発したり止まったりしたのだが、このゲームはスピンし始めるので、すかさず逆ハン(滑った方に十字ボタンを押す)をすると自分の車が復帰するのだ。

これが、たまらなく気持ちいい!!

慣れてくると、わざとライバルカーに接触して逆ハンを楽しんでしまうのだ。

また、スピード感もかなりあって快感度はかなり高い。

こういうゲームを遊ぶと、ゲームはマシンの性能が全てでは無いというのが、はっきり分かる。

また、昔遊んでいたときの記憶や感覚がよみがえるのだ。それはゲームの記憶だけではない。そのときのゲームをしているときの光景が脳裏によみがえり、何ともいえない懐かしい感覚が戻ってくる。
しかも、コントローラーを操作している手がプレイ感覚を呼び覚まし、2重の懐かしさを呼ぶ。

これは、当時プレイしていた人に対するプレゼントだと思う。

かなり昔プレイして、現在押入れの奥にしまっているゲームがあるなら、ちょっと引っ張り出して遊んでみていただきたい。きっと何かを感じてもらえると思います。

たなべんのこのゲームに対する評価80点

ゲーム情報
対応機種:ファミリーコンピュータ
メーカー:コナミ
ジャンル:レースゲーム
定価  :4500円
発売日 :1985年7月11日


気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
スポンサーサイト
ライザンバーⅢの音楽が良い!!
ライザンバーをご存知だろうか?

第1作目は1990年に富士通のパソコン、FM-TOWNSで登場した。そして2、3作目はPCエンジンのCD-ROMで発売されている。
ゲーム内容は全シリーズ共、横スクロールシューティングゲームで普段、スローモーな自機が数秒間劇的にスピードアップすることができるシステムを採用している。
ただ、今回紹介するⅢはライザンバーとしては難易度が低すぎるため、あまり面白いとは思わなかった。

音楽なのだがとにかく迫力と深みがある。

ロック色が強い曲があったり、しっとり聴かせる曲があったりと音楽に統一感を持たせながらもそれぞれの曲に特徴を持たせている。

またシリーズのファンに嬉しいのが、ライザンバーに毎回出てくるステージの曲(Ⅱのときは1面だった)がアレンジされて再登場している。ノリがアップしている。

このゲームはCD-ROMで供給されているので、普通の音楽CDを聴ける環境があるなら、このゲームの音楽も聴くことができる。

ライザンバーを知らない人も是非聴いていただきたい。

う~ん…、やっぱり音楽のレビューって難しいなあ(汗)

ゲーム情報
対応機種:PCエンジン CD-ROM2
メーカー:データウエスト
ジャンル:シューティング
定価  :6800円
発売日 :1992年6月26日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
ライザンバー3 【PCエンジン】

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
MYSTのレビュー
このMYST(ミスト)というゲーム様々なゲーム機で発売されているのですが、僕が始めてプレイしたのが、このセガサターン版だったのでサターン版のレビューとさせていただきます。
ただ、どの機種でプレイしても、さほど大きな違いはないためサターン版という意識はされなくてもいいと思います。

ところで、ゲーム内容だが、神秘的なグラフィックが印象的なアドベンチャーゲーム。ある日見つけた本を開くと、ある人物が描いたMYSTという世界が広がっており、主人公はミスト島に降り立つ。

そこからその世界にあるものを調べながら様々な謎を解いていくといった感じ。

このゲーム、セガサターンのロンチタイトル(本体と同時に発売されたタイトル)で、僕はセガサターン本体発売日に本体とバーチャファイターと一緒に、このミストを買った。

ミストはサターン版が出る前にパソコン等でもうすでに出ており、神秘的でリアルなグラフィックの謎めいた感じのアドベンチャーとして人気があったようだった。
僕も雑誌の画面写真を一目見て

これはいい!!

とやられてしまった。

それからサターン版で遂にミスト体験!!
そしたらマジで

衝撃走りました~~~!!!

一緒に買ったバーチャファイターなんてそっちのけ~。

だって、当時プレイしていたスーファミやメガドラのグラフィックから格段に進歩した実写ばりのCGに神秘的な雰囲気がいい!!
過去の記事を読んだことのある人にまた、雰囲気か」と言われそうだが。
良い物は良いのでしょうがない。

それと適度な難易度。
かなり高い難易度と言われているが、世界にあるものをこまめに調べて、頭をひねればちゃんと解けるようになっている。
確かに難易度は高いがその分

解けたときのスッキリ感と充実感はスゴイ!!

ただ、ゲーム開始時、何をしていいか全く分からないため戸惑う人もいると思うがそこは探検気分でキレイなグラフィックを堪能しながら島を探索して欲しい。
きっと何かが見えてくるので。

ただ、メモはこまめに取ったほうがいい。
色々なものがヒントになっている場合があるので。

このミストは5作発売されている。
僕がプレイしたのは1(クリア済)、2(クリア済)、3(プレイ途中)だが、その中では1の完成度が一番高いように思う。

ずいぶん昔のゲームだが、今プレイしてもきっと面白いと思う。
僕の会社の人も何人もプレイしてたしね。しかも普段ゲームをしない人も夢中で頭ひねってスッキリ(解けないときはモヤモヤ)体験してたし。

興味をもたれた方はスッキリ、モヤモヤ体験を是非!!

あと一番最近に発売されたPSP版は世界が少し追加されているらしい。これは個人的にいつかプレイしてみたい~。

たなべんのこのゲームに対する評価100点

ゲーム情報
対応機種:セガサターン
メーカー:サンソフト
ジャンル:アドベンチャー
定価  :7800円
発売日 :1994年11月22日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
セガサターン版
MYST

プレイステーション版
MYST

3DO版
MYST (ミスト) 【3DO】

PSP版
MYST(ミスト)

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

最近、PSPが気になる!!
最近遊ぶゲームはDSのゲームが多い。
でも、DSのゲームはじっくり遊ぶゲームで興味のあるゲームが少ない。

そこで、ふとPSPってどんなもんだろうと思い、今までに発売されたPSPのタイトルをチェックしてみた。

面白そうなゲームいっぱいあるじゃないか!!

今までにあったようなゲームらしいゲームが数多く取り揃えられている。しかも、ネームバリューの高いものがゴロゴロある。

僕が今遊んでみたいじっくり遊べるゲームも多いしね。

DS派の僕だがPSPもいいなと思った。

PS2並のゲームがお手軽携帯機で遊べるなんてね。
でも、貧乏な僕にはPSP本体+ゲーム+メモリーカードで約3万円。
無いよお~、そんな金~(涙)

とりあえず、指くわえてガマンします…。

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

なぜ任天堂のハードでサードパーティーのゲームが売れないのか
最近、任天堂が絶好調なのは皆さんご存知のところだと思います。

ニンテンドーDS本体のバカ売れから始まって、どうぶつの森や脳トレシリーズ、Newスーパーマリオブラザーズなどの任天堂のDSソフト、最近ではWiiの好調ぶりなど勢いは目を見張るものがあります。

しかし、その中で任天堂ハード向けのサードパーティーのソフトはあまり売れていないのです

サードパーティーって知らない人もいると思うので簡単に説明しますとハード(本体)を出しているメーカー以外でソフトを発売している会社のこと。

話は戻りまして、サードパーティーのソフトにも売れているソフトが中にはあります。
スクウェア・エニックスのファイナルファンタジー3やドラゴンクエストモンスターズ ジョーカーなど。
しかし、売れているのは元々ネームバリューがあって出せば売れるというものがほとんどです。
ということで多くのサードパーティーのソフトが売れていないのです。
でもそういったゲームの質が低いからというわけではない(中には面白くないのもあるが)。実際、面白いゲームが多い。

では何故サードパーティーのソフトが売れないのか?

いろいろ考えられますが、僕が考える最大の原因は

ユーザーに対する認知度の低さではないかということ。

任天堂ハードのユーザー層はライトユーザー(ゲームにそんなに詳しくないユーザー)が多いと言われる。DS以降は特に多くのライトユーザーを取り込んでブームを巻き起こしている。
そんなライトユーザーはどんなソフトが面白いか知らないし、どんなソフトがあるかすら知らない人がほとんどだ。
そんな人たちが買うソフトといえばテレビや様々な雑誌等でよく取り上げられているソフトか知人から聞いたソフトが多くなる。
当然、ゲームを売っている店にそういう人が行ったとしても店に並んでいるソフトで知らないソフトを買う可能性は少ない。
それに店に行く段階で買うソフトが決まっている可能性が高いので目に入らない可能性だってある。

そんな人たちにどうやったらソフトを買ってもらえるのか。結論から言おう

もっとTVCMをに流せばいいのだ!!

まあ、当たり前といえば当たり前なのだが、現状、任天堂ソフトのCMはあんなに見るのにサードパーティーのソフトのCMはあまり見ない。

先ほども述べたが、ライトユーザーの多い任天堂ハードのソフトを売ろうと思ったらその人たちが目にするところでアピールするしかないのだ。だから、ゲーム雑誌などはそういう人はそんなに読まないため広告を打っても効果は少ない。

また、CM内容も重要になる。
ライトユーザーはヘビーユーザー(ゲームに詳しいユーザー)とは違ってゲーム内容などは何一つ知らないことが多い。だから

そのソフトがどういった内容でどう楽しいのかといったことをしっかり伝えることができるCMであることが大切である。

今の任天堂のCMはプレイ画面のみならず、プレイしている姿を映し出したりして、そのソフトの良さをゲームを知らない人にもしっかり伝えているといえる。
また、大量にCMを流すことによりユーザーにしっかりそのゲームの存在を認識させている。
任天堂ゲームの出来ももちろん売上げに結びついているのも確かだが、CMの存在も売上げの一因であることは間違いないだろう。

サードパーティーにとってはCM宣伝費のコストはなかなか痛いところであろうが、それが売上げに繋がると思うので是非どんどんユーザーにソフトの良さが伝わるCMを流してもらいたい。そして儲かって良いゲームを作り上げていって欲しいと願います。

なんでしたら任天堂さんがサードパーティーのソフトのCMを流してあげるとかCM費を支援してあげるとか出来ませんか?
そうなると益々ニンテンドーDSもWiiも盛り上がること間違いなしですよ。
もし、もうしてたらゴメンナサイ。

あ、それとこれはあくまで僕自身の考えなので、皆さんと意見が違っても気にしないでくださいね。

テーマ:★ゲーム業界★ - ジャンル:ゲーム

NiGHTSのレビュー
アクションゲームで泣いたことありますか?

僕はあります。
そのゲームはセガサターンで出たNiGHTS(ナイツ)です。

ナイツは1996年にセガから発売されたゲームなのだが、開発はソニックチームという、あのソニックシリーズを作った開発チームが制作した。

発売前、雑誌でソニックチームがセガサターンで初めて作るゲームがナイツというものだと知ったとき

えっ?ソニックじゃないの?

とショックを受けたことを覚えている。

ところが、それから雑誌に掲載された記事を読んでいくと、少しずつショックが消えていき期待に変わっていった。

早速、ゲームショップで予約して発売日に買ったのだ。

そして、本当に素晴らしいゲームと出会うこととなる…

ゲーム内容は3Dグラフィックのアクションゲーム。
ただ、操作は結構変わっていて、ナイツになって空を飛んでいるときは2D操作、子供たちになって地面を歩くときは3D操作となっている。

ストーリ-を簡単に説明すると夢の世界(ナイトピア)をワイズマンが支配しようとする。それをワイズマンが作り出したナイツがある少年と少女と協力(同化)してナイトピアを救うといった感じ。

ゲームは2分以内(ナイツが同化していられる時間)にブルーチップを20個集めてイデアと呼ばれるナイトメア(ボスがいるところ)に行ける鍵となるもの取る。
それを4つ取り戻して、ナイトメアに行ってボスを倒すといった感じ。

ゲーム内容を聞いただけでは、何が面白いのか全然分からないと思う。

このゲームのキモはナイツ操作時の独特の浮遊感にあるのだ。

これはやってみないとわからないが、何ともいえないくらい気持ち良い!!
コントローラー操作に呼応するかのようにナイツが気持ちよさそうに飛ぶ、またスピード感が良くて胸がスゥ~っとするときもあるくらいだ。
そこはさすがソニックチームといったところ。

アクション部分も素晴らしいのだが、世界観がまた良い。
グラフィック、キャラクターなど誰にでも受け入れられる温かみのある雰囲気で、しかも夢がテーマとなっているので、神秘的な部分も持ち

いつまでもその世界にいたくなるような優しさがある。

また、アクションゲームなのにストーリーが良くて、ナイツと同化する少年と少女なのだが、それぞれ現実の世界で自信を無くしてしまう。
そんな2人が夢のなかでの冒険(?)を経て、強く成長していく姿を描いている。そのストーリーがとても胸を打つ内容で、普段あんまり泣かない僕が、最後には少し涙してしまったほどだ。
あと、エンディングでは歌が流れるのだが、その歌も世界観に合っていてすごく良い!!
シングル化されているので是非聞いて欲しいが、出来ればゲームをクリアしてエンディングで聴いて欲しいと思う。
また、ゲーム内の歌とCDの歌では歌っている人やアレンジが違うのでそこもチェック!!

殺伐としたゲームが多いなかこういった温かみのあるゲームは非常に貴重である。

本当にオススメしたい。

もし、このゲームをプレイされるなら、出来ればセガマルチコントローラーを使っていただきたい。操作が抜群にしやすくなる。

あと、クリスマスナイツという非売品のソフトがある。
このソフトはファンディスク的なもので、クリスマスの時期になるとクリスマスバージョンのステージで遊べたり、サウンドモードやムービーなどおまけもあったり充実している。
これも機会があれば是非試していただきたい。

皆さんもこのナイツをプレイして優しい気持ちになりませんか?

たなべんのこのゲームに対する評価100点

ゲーム情報
対応機種:セガサターン
メーカー:セガ
ジャンル:アクション
定価  :5800円
発売日 :1996年7月5日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
NIGHTS

マルチコントローラー
サターン マルチコントローラー SS

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

電忍アレスタの音楽が良い!!
僕はふと思った。

このままじゃ、ネタが無くなる!!

僕がレビューできるソフトは限りがあるし、オススメソフトもぽんぽん出てくるわけでもないし、かといって日記みたいなのを記事にするのもねえ。

そこで、色んな企画を立ち上げていこうと思ったのだ。

そして、今回その企画第一弾としてオススメゲーム音楽を記事にしようと試みるのだ!!

で、最初にオススメするのがメガCDの縦スクロールシューティングゲームの電忍アレスタ。

このゲームはあのザナックやアレスタを世に送り出したコンパイル製でタイトルの電忍から想像できるように和風なのだ。
ゲームは結構難しいがなかなか面白い。

本題の音楽だがゲーム内容に沿って、和風なのだ。

でも音楽ジャンルは何故かテクノなのだ!!

和風テクノ?と想像しにくいジャンルとなるわけだが、実際聴いてみるとナルホドと感心する。確かに和風テクノなのだ。
ただ、和風という点ではそう言われてみればというレベルだが。

和風風って感じ?

ノリの良いのからしっとり聴かせるものまでバラエティに富んでいる。

とりあえず、聴いていただきたい。

音楽としての完成度は非常に高い。

ゲームの媒体はCD-ROMなので普通のCDプレイヤーで聴ける。

ただ、どちらかといいうとマイナーなゲームになるのでなかなか手に入れるのは容易ではないかもしれないが。

興味のある方は是非!!

う~ん…、こんな感じで伝わったのかなあ?
スミマセン、表現力に乏しいもので。

ゲーム情報
対応機種:メガCD
メーカー:コンパイル
ジャンル:シューティング
定価  :6800円
発売日 :1992年11月27日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
電忍アレスタ MCD 【メガドライブ】

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:ゲーム音楽 - ジャンル:ゲーム

グラディウスジェネレーションのレビュー
たまにやりたくなるんですよね、シューティングゲーム!!

そこで、ゲームボーイアドバンス全盛期に買ったグラディウスジェネレーションが役に立ったりするのだ。ところで

グラディウスっていうのは、偉大だと思う。

何が偉大かって?

う~ん…。何と言ったらいいのか難しいのだが。
1985年に1作目が出て20年以上たった今でも、その最新作が出続けていて遊びたいと思ってしまう魅力がある。
今、1作目を遊んでも面白いし古臭さを感じさせない。
しかも、カッコいいしね。

まあ、とりあえずスゴイゲームなのだ!!

で、グラディウスを知らない人はあまりいないと思うが、念のために説明すると、コナミの横スクロールシューティングで、パワーアップするためのカプセルを取ってパワーアップのメーターを移動させる。
そして、させたいパワーアップのところで決定させてどんどんパワーアップさせていってどんどん敵を撃墜!!といった感じですね。

主なパワーアップの種類はスピードアップやミサイル、レーザー、オプション、バリアなど。

ステージは火山面やモアイの面や細胞の面等、バラエティに富んでいる。よく、こんなばらばらなシーンでよく統一感を出せたなと感心する。

第一作目以降もアーケードや家庭用にどんどん発売された。

で、このゲームボーイアドバンス版のグラディウスジェネレーションの紹介となるわけだが、さすがGBAだけあってグラフィックはキレイだ。
モアイの面や火の面など、グラディウスらしいステージが用意されている。

ゲームバランスも良く、難易度は低めだと思う。
しかも、シューティングには珍しくセーブ機能が付いており、クリアしたステージはいつでも再プレイが可能だ。さらにヒントまで付いており、初心者に優しい仕様になっている。携帯機を意識した仕様とも言える。

そしてグラディウスシリーズでは楽しみなBGM(音楽)だが、聴いたとき僕はビックリした。

ファ、ファミコン???

そう、GBAから鳴っている音楽だとは到底思えないのだ。重厚とは程遠いあの懐かしい感じのピコピコ音なのだ。

何で???

これだけは理解できない。もっと出来たでしょ、コナミさん。
ちょっと残念でした。

でも、それ以外はよく出来たゲームですよ。

ところで、このゲームをレビューしようと思ってインターネットでグラディウスジェネレーションについて色々見てたら、チャレンジモードなるものを発見!!

何これ???

どうも、難易度ノーマル以上でコンティニューせずに573000点以上取るとチャレンジモードが出現するらしい。

ええ、ワタクシ、今知りました。

今回も自分のヘッポコさにあきれました。

とりあえず、やり込み度が高いゲームということですね。

このいろいろな意味で楽しさ満載のグラディウスジェネレーション、あなたもやってみませんか?

たなべんのこのゲームに対する評価75点

ゲーム情報
対応機種:ゲームボーイアドバンス
メーカー:コナミ
ジャンル:2Dシューティング
定価  :6090円(税込)
発売日 :2002年1月17日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
グラディウスジェネレーション

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

逆転裁判4に注目!!
来月ついに出ますね。
あのすご~く面白いゲーム逆転裁判4が!!
そして、つっこむのです。

意義あり!!

逆転裁判1~3をプレイして、とりあえず成歩堂編が終わり、もうとりあえずいいかな…と思ったりもしたが。

4が出ると聞いたときは

やっぱり、欲しいー!!

と思っちゃいました。

そして、情報が色々出てきて、更にその思いが強くなった。
特に

あの○○○が第一話の被告人だと知ったときは、大興奮!!!

買わなきゃダメでしょ!!お金は無いけど。

逆転裁判を知らない方は過去に記事でレビューをしてますので、是非読んでみてくださいね。
そして、1~3が未プレイの方は4が出る前にプレイしておいて下さいね。1~3の出演キャラクターが出てきそうですからね。

皆さん!!楽しみに待ってましょうね。

ゲーム情報
対応機種:ニンテンドーDS
メーカー:カプコン
ジャンル:法廷バトル
定価  :通常版 5040円(税込)
    :限定版 9240円(税込)
発売日 :2007年4月12日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
逆転裁判4(通常版) 特典 オドロキヘッドフォン付き

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:逆転裁判 - ジャンル:ゲーム

VC(バーチャルコンソール)にMSXきたぁ!!
MSXって知っていますか?

MSXというのは1983年にマイクロソフトとアスキーが提唱した家庭用パソコンの規格で、松下電器やソニーなど各社から様々な機種が発売された。
どんな感じかというとパソコンだけどROMカセットが採用されていて、ファミコンのようなゲーム機の側面も持っているといった感じ。でもファミコンより性能は低かった。
最近のゲームユーザーには知らない人が多いんだろうなあ。

その後、MSX2→MSX2+→MSXturboRと進化していったが、周りのパソコンやゲーム機の進化についていけず、1995年をもって生産が終了した。
でも、根強いファンが今でもいる。

このブログのプロフィールにもあるが僕が初めて手にしたゲームのできるマシンがこのMSXなのだ。
このパソコンとゲーム機の両側面を備えたMSXだが。性能が低いため中途半端とよく言われたものだ。しかし

パソコンとゲーム機の両方の世界を見せてくれたMSXユーザーであったことを誇りに思っている。

MSXユーザーであったことによりゲームに対してゲーム機のユーザー以上に色々感じたり学べたのではないかという思いはある。
それについては、またいつかお話できればと思います。

で、そのMSXのゲームがWiiのVC(バーチャルコンソール)で遊べるのだ!!

えっ?MSXなんか知らないしどうでもいい?

そうですね。知らない人には当然の意見です。
でも、MSXにも良いゲームいっぱいあるんですよ。
例えば、あのメタルギアは最初MSXで出たんですよ。
また、追々紹介していけたらと思いますが。

とにかく、MSXを持っていた方と興味を持ってくれた方は是非遊んでもらいたいですね。

2007年春に2タイトル遊べるようです。そのタイトルは

EGGYとALESTE

EGGYは僕はやったことがないのだが、パラシュートから落ちてくる資材を回収するといったアクションゲームらしいです。

ALESTEはファミコンでも出たZANACの流れを汲むゲームで、爽快な縦スクロールシューティングゲームです。

あっ、一応VCの説明いれときます。
Wiiでファミコン、スーパーファミコン、メガドライブ、PCエンジンなどの昔懐かしいゲームがWiiでダウンロードすることによって遊べるといったサービスのこと。
有料サービスで1本1000円前後で遊べます。

今後も引き続きMSXタイトルも充実するといいなと思ってます。

でも、Wii持ってないのが問題だあ(涙)

テーマ:ニュース - ジャンル:ゲーム

弟切草(SFC版)のレビュー
現在、サウンドノベルというジャンルが定着し、様々なサウンドノベルのゲームが各社からいろんなゲーム機に出ている。その中で

これが、ゲーム界での記念すべきサウンドノベルの第1作目だ!!

SFC版ですよ。PS版の弟切草 蘇生篇じゃないですよ。

僕はこの弟切草が発売される前から注目していた。
初めて某有名ゲーム雑誌の弟切草の広告が掲載されたときは、まだ開発中で模様が入った画面に文章が並んでいるだけというシンプルな画面だった。

そのゲーム画面のなかのたった数行の文章を読んだだけだったのだが、これは面白いかもと期待してしまう程の内容だったことを覚えている。

それから月日は過ぎ、発売日におもちゃ屋に走ってゲットしたのだった。

そして、ドキドキしながらプレイした…。

まず、チュンソフトのロゴ画面が終わると、物々しい音楽とともに寂れた洋館の前に立っているかのようなグラフィックに弟切草というタイトルが出る。

雰囲気良い~~~!!

そう、過去のブログの記事を読んでもらって分かるように僕は雰囲気に弱いのだ。そして、僕はこの雰囲気にヤラれたのだ。
何が起こるかわからないが、何かありそうという探究心を刺激されるような雰囲気。

それで僕はやる気マンマン。

ゲーム内容は今更説明不要であろうが、あえて説明すると、簡素だが雰囲気のいいグラフィックに文章が表示されるので、それを読み、途中で出てくる選択肢を選んでストーリーを進めていくといった感じ。
その選択肢により、ストーリーに影響が出てくる。
ストーリーも何種類か用意されており長く遊べる。

ストーリーは自分(主人公)と自分が好意を持っている友人の奈美とのドライブ中、事故に合い、古びた洋館にたどり着くといった感じ。

僕が気に入ったのが、まず設定だ。

好きな人と人気のない謎の洋館で探索するといったシチュエーション。
しかも、

友達以上恋人未満って感じの微妙な関係がいいじゃないっすか!!

すみません。ちょっとテンション上がっちゃいました(汗)。

まあ、とにかく男ならちょっとは憧れるシチュエーションってことで。

もちろん設定だけでなくストーリー展開もすごく良く出来ており、僕は一気にエンディングまで突っ走ってしまうくらいのめり込んだ。

それに加え、音楽と効果音が素晴らしい!!

音楽や効果音の質が良いだけではない。
BGMは常に流れているわけではなく、効果的な場面がきた時に流れ出す。効果音も同様で水滴の落ちる音や雨の音やドアを開ける音など、その場面の雰囲気を演出するのに効果的に使われている。
その効果もあって

まさにその場にいるような臨場感を味わうことができる。

普通、ゲームは年月が立つと色あせたりして、昔のゲームを今プレイすると思ったほど面白くなかったりするものだが、このゲームはそんなことは無い。
それ程サウンドノベル第一作目としては完成度が高いのだ。

ただ、ゲームの途中からやり直したりする機能やフローチャートが無いなどシステム部分で面倒なところもある(リメイクされたPS版は付いているようだが)。

PSでもリメイクされ、弟切草 蘇生編というタイトルで出ている。
グラフィックが大幅にリアルになってシステム面でも便利な機能が付いて快適にゲーム進行できるようになっている。
僕はまだプレイしていないのであまり大きなことはいえないが、弟切草は自分や奈美のグラフィックも出ないし、自分の名前も自由に付けられることから、頭の中で想像して楽しむという部分が大きかったので、リアルなグラフィックのPS版よりは簡素だが雰囲気をもったSFC版の方が僕は良いと思う。まあ、その辺は好みの問題であろうが。

ただ、弟切草未経験の方は手に入りやすいPS版の方も良いのかもしれないが。

とにかく、サウンドノベルの原点というのを機会があれば是非体験していただきたい。

たなべんのこのゲームに対する評価 95点

ゲーム情報
対応機種:スーパーファミコン
メーカー:チュンソフト
ジャンル:サウンドノベル
定価  :9800円
発売日 :1992年3月7日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
スーパーファミコン版
弟切草
PS版
弟切草 蘇生編

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

発表されたPS3の新サービス「Home」について
これ、いいんじゃないっすか。

3月7日の今日、SCEは3DCGを使ったコミュニケーションサービス「Home」を発表した。このサービスは2007年秋に無料でダウンロード配信される。

どういうのかというと、3DCGで構築された仮想空間で自分が作ったキャラクターが家を持って室内のレイアウトを自分好みにカスタマイズしたり、その家に友達を呼んでパーティーをしたり、Home内に用意されたゲームを実際に遊んでみたり、映画館のようなところで映像を楽しんだり、色々出来るようだ。

この手のものは既にPCなどであるようだが、PS3のこれが成功するかどうかは、どこまで楽しめるコンテンツを用意できるかであろう。

ただ、今まで元気がなかったPS3を盛り上げるだけの可能性は間違いなく秘めていると思う。

ところで僕はネットゲームをやったことがない。
何故かというと、ハマるとやめられなくなりそうだから。
こういうのも興味あるけどヤバそう!!
でも、周りのみんなが始めたらやるんだろうなあ。

とにかく今後出てくる情報には注目ですね!!
だれでもアソビ大全のレビュー
みんなが集まったときトランプをやったり、すごろくをやったりしたことありますよね。

結構、盛り上がるんですよね。

そんなちょっと遊びたいとき、みんなで遊べるゲームがぎっしり詰まったゲームが今回レビューするニンテンドーDSのだれでもアソビ大全!!

で、どんなゲームが入っているかというとまずトランプ系は、ばばぬき、スピード、神経衰弱、ダウト、大富豪、ページワン、アメリカンページワン、ポーカー、ブラックジャック、クロンダイク、セブンブリッジ、コントラクトブリッジ、ラミー、ハーツ、ナポレオン、スペード、ゴニンカン、ナップ、スローモー、そしてバラエティ系はボウリング、ぼうずめくり、おはじきゴルフ、おはじきビリヤード、おはじきじんとり、バランスゲーム、ソーダゲーム、シーソーゲーム、ラストワン、ことばさがし、最後はボードゲーム系で将棋、チェス、バックギャモン、はさみ将棋、軍人将棋、五目並べ、チャイニーズチェッカー、チェッカー、すごろく、リバーシで誰もが知っているものから、珍しいものまで約40種類のゲームが入っているのだ!!

これだけゲームが入っていて定価は何と3800円!!

コストパフォーマンスは恐ろしく高い。

また、DS同士で最大8人までの対戦ができるのだ。

しかもそのとき、だれでもアソビ大全のソフトが1本あればみんなで遊べてしまうのだ。

ホントスゴイんです。
とりあえず一本持っておけば重宝する。

このソフトを買うとき、みんなでワイワイ遊んでいる光景を思い浮かべながら買った。

まず、子供と遊んだら「これ面白いね」と言って夢中で2人で遊んだ。
あぁ、買って良かったぁと満足!!

そして会社に持っていって「だれでもアソビ大全買ったで」と言ったら、どんなゲームと聞かれ「ばば抜きとか神経衰弱とかみたいなみんなで出来るゲームがいっぱい入ってるゲーム」と説明した。
すると、どんなゲーム入ってるのか見せてと言われたのでパッケージを見せたら会社の人が

「別にええわ」

と全く興味を示さず大ショック!!

なんで?やっぱり大人にはトランプゲームやボードゲームやミニゲームは興味をひかないのか?こんなに良いソフトなのにね。

大人って悲しいね。

でも、そのときのテンションやメンバーで盛り上がることもあるのだ。
持っておいて損はないですよ。

たなべんのこのゲームに対する評価 78点

ゲーム情報
対応機種:ニンテンドーDS
メーカー:任天堂
ジャンル:テーブルゲーム集
定価  :3800円(税込)
発売日 :2005年11月3日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
だれでもアソビ大全

↓Wi-Fi対応版はこちら(2007年4月19日発売予定)
Wi-Fi対応 世界のだれでもアソビ大全

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム

世界樹の迷宮に注目!!
そんなゲームだったんですか?

最近、明らかに知識不足!!

ゲーム雑誌は小遣い節約のため立ち読みで済ませているため、隅々まで読む余裕はなく目立った記事だけ読むため、多くのゲームがどんなゲームか分からないといった状態。
それでインターネットでいろいろゲーム情報を見てたら、以外にノーマークだったゲームが話題になっていてビックリすることもしばしば。

で、あの女神転生シリーズなんかを世に送り出しているアトラスが最近発売した世界樹の迷宮が、密かに話題になっているということをやっと知ったのだ。

こんな僕がゲームブログを運営してて大丈夫なのか?
もっと勉強すべきか。でも雑誌を買うお金が~。

まあ、そんなことはさておきゲーム内容はウィザードリィのような正統派3DダンジョンRPGで、ムービーなどの余計な演出は控えめで、難易度は高く全滅しまくりという今どき珍しい硬派な内容。

でもキャラクターグラフィックはカワイイ感じなのだ。

僕はそこにだまされたのだ!!
僕はあまりカワイイ系のグラフィックは好きではない。だから雑誌でも軟派なゲームと思い、気にもしていなかったのだ。まあ、でも普通のゲーム画面はそんなことないんだけどね。

だから、このゲームを買おうと思っている人は気をつけて欲しい。
ウィザードリィやマイト&マジックなどの古き良き3DダンジョンRPGが好きな人は是非試して欲しいが、ゲーム内容を知らない人がパッケージの絵などを見て雰囲気だけで買ってしまうと面食らう可能性があるので注意して欲しい。

ただ、もちろんゲーム内容はさすが女神転生のアトラスだけあって

完成度は高いらしく、思わずのめり込んでしまうほどらしい。

また演出が抑えれておりゲーム内容がシンプルなためプレイヤーの想像力で世界を楽しむといった感じ。
昔、PC88などであったパソコンのシンプルなRPGゲームを経験したことのある古参ユーザーは懐かしさを、また最近のユーザーには新鮮さを味わせてくれるのだろう。
ただ、最近のユーザーには合う、合わないがあると思うが。

あと何といっても、レトロPCユーザーに超うれしいのが、あのイースやソーサリアン、スキーム等のレトロPCゲームやベアナックルシリーズやアクトレイザー等のゲーム機の音楽を担当した名作曲家、

古代祐三氏がこのゲームの音楽を担当しているのだ!!

しかも、その音楽がFM音源を再現しているようなのだ!!

PC88などでFM音源を楽しんだ方にはあの感じが懐かしく思えるんではないでしょうか。

是非皆さん、どっぷりこの歯応えのある迷宮探索に繰り出してはいかがでしょうか。

ゲーム情報
対応機種:ニンテンドーDS
メーカー:アトラス
ジャンル:3DダンジョンRPG
定価  :5229円(税込)
発売日 :2007年1月18日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
世界樹の迷宮(特典無し)

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:世界樹の迷宮 - ジャンル:ゲーム

エキサイトトラックに注目!!
このWiiのエキサイトトラック

はっきり言ってノーマークでした。

そりゃあ、Wiiの発売済みのタイトルの中じゃ、埋もれてしまうでしょ。

ただCMで、ちょっと気になってたんだけど。

でも、インターネットで色々見てて、たまたまエキサイトトラックのレビューを見たらビックリ!!

めちゃくちゃ評価高いじゃないっすかあ!!!

評価はWii SportsやWiiのゼルダと比べて同等か、下手すると上かもしれない。

で、どんなゲームかというとオフロードカーを操り、砂漠、森林、海辺、雪山などの過酷な道を豪快に爆走するといった感じ。

Wiiリモコンを水平に両手で持ち、車のハンドルに見立てて左右に傾けることにより車を操作する。
それにより、車との一体感が増すようだ。

モードも3つあり、世界中のコースを激走するエキサイトレースと2人同時プレイが可能なVS対戦、特定の条件をこなしてポイントを獲得していくチャレンジとかなり楽しめそうだ。

そして以外に嬉しいのが、音楽(MP3ファイル)が入ったSDメモリーカードをWii本体に差し込めば

好きな曲をプレイ中のBGMとして使用できるのだ。

この機能はPS版のリッジレーサーを思い出させるが、好きな曲をBGMとして流すとまた違った感じで盛り上がること間違いなしでしょう。

とにかく、何も考えず爆走したい人は要チェックですよ!!

ゲーム情報
対応機種:Wii
メーカー:任天堂
ジャンル:レーシングアクション
定価  :5800円(税込)
発売日 :2007年1月18日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
エキサイト トラック

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:Wii(ウィー)総合 - ジャンル:ゲーム

逆転裁判のレビュー
えぇ?裁判のゲームぅ???

初めてこのゲームを知ったとき、こんな裁判という未知でややこしそうな題材をテーマにしたゲームが面白いのか?という思いでいっぱいだった。

でも、それから雑誌や知り合いの情報ですごく面白いと評判を聞くようになって、ちょっとやってみようかなと思うようになった。
で、会社の先輩に借りてやってみた。

それから数時間…。

これは、オモシロすぎる…

ゲーム内容はゲームタイトルのとおり裁判がテーマで、自分は新米弁護士、成歩堂 龍一(なるほどう りゅういち)となって法廷に立って依頼人(被告人)の無実を証明するといった感じ。

えっ?被告人が無実?

と疑問に思うでしょうが、そこはゲーム。なんと、そうなんです

成歩堂に来る依頼人は全員無実なのです。

現実の世界はそんなことないですよ。ゲームですからね(笑)

でも実際ゲームを始めるとそんなことはどうでもいいくらいハマります。

まず登場キャラクターがみんなスゴく魅力的。
僕は今までにないくらいゲームに出てくるキャラクターに愛着がわきました。
どのキャラクターが一番好きかと聞かれたら僕は決められません!!

そして、シナリオが良いっていうかスゴイ!!

全4話あるのだが、初めの1話はまあ、当然ウォーミングアップて感じで、こんなもんかなと思う程度なのだが2話目にいきなりビックリさせられる。今までゲームを色々やってきたがこんなのは初めて。
明らかに主要キャラクターが○○○!!!(これは言えません、あなた自身で確認してくださいね)
まだ2話目なのにどうなるんだ???普通ならこんな展開は最終話だろうと思い、期待と同時に展開が尻つぼみになるんではないかと心配になりました。
でも、全然大丈夫でした。

それからも、それ以上のスゴイ展開が待っていましたから!!

このゲームには普通のアドベンチャーゲームのような感じで情報を集める探偵パートと、法廷に立って証人の証言の矛盾を暴き依頼人の無実を証明する法廷パートがある。

探偵パートは若干ダレたりするときもあるのだが、

法廷パートが熱い!!

法廷パートでは証人がウソをついているので、その矛盾を暴いていかなければならない。
自分は法廷記録というのを持っていて、その中に事件に関しての様々な情報が載っている。その法廷記録と証人の証言を照らし合わせて矛盾を探し追及していく。
その矛盾を見つけなければならないのだが、その難易度が実に絶妙で、考えればちゃんと分かるようになっている。

この法廷パートと秀逸なシナリオが見事に絡み合い、ものすごい興奮を味わうことができた。

ホントにプレイしている間、僕は幸せだった。

このゲームをまだプレイしていない人には是非、体験していただきたい。

この後に逆転裁判2と3がある。
この3部作が成歩堂編となっている。
これからプレイする人は絶対1から順番にプレイしてください。
1から2、3と物語が続いていきますから。
また、今ならDS版の逆転裁判 蘇る逆転をプレイすることをオススメします。僕がプレイしたGBA版にシナリオが1つ追加されているみたいです。
しかも、タッチペンでも操作できるので快適さもアップしているようです。

僕もDS版をいつかプレイしようと思っています。
また、会社の先輩に借りて。

えっ?自分で買えって?
ごもっとも。でも小遣いが少ないので買えないんです(涙)。
ホント、会社の先輩には感謝です!!!

あっ!!そうそう、4月には待望の逆転裁判4がでますよ!!
楽しみですね。

たなべんのこのゲームに対する評価98点

ゲーム情報
対応機種:ゲームボーイアドバンス
メーカー:カプコン
ジャンル:法廷バトル
定価  :4800円(税込)
発売日 :2001年10月12日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
ゲームボーイアドバンス版
逆転裁判
ニンテンドーDS版
逆転裁判 蘇る逆転

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:逆転裁判 - ジャンル:ゲーム

R4 リッジレーサー タイプ4 のレビュー
またまた来ました。雰囲気の良いゲームのレビューが!!!

これも僕の中でトップクラスに入る雰囲気の良いゲームだ。

以前、一時期ゲームをあまりしなかったときも、このゲームだけはちょくちょくプレイしていた。

僕にとってR4をプレイするということは、ゲームをするというよりもドライブするといった感じなのだ。

タイムアタックモードを選んでライバル車が無い状態で一番ベーシックな性能の車でミッションはATというヌルさ。

そんなんで楽しいの?

と思われそうだが、それが楽しいというより癒されるのである。

言ったでしょ!!雰囲気が良いって。

どう雰囲気が良いのか?
まずはコースの3Dグラフィックがスゴク良い!!

お気に入りのコースはいくつかあるのだが、だいたいEdge of the Earth、Wonderhill、Out of Blueの3つを走る。
そんなコース名を言われてもわからんと言われそうなので簡単に説明すると、夜の高速道路と夕暮れどきの峠道と明け方の湾岸地帯という感じ。

それぞれのコースが初代PSとは思えないぐらいのクオリティーのグラフィックでまた、抜群にセンスがいい。

僕はリッジシリーズでこの後出た5もプレイしたし、XBOX360用の6やPS3用の7も体験したことがあるが、グラフィックセンスは4の方が上だと僕は思っている。

また、BGM(音楽)もテクノでいい感じの曲がいっぱい収録されていて、プレイ時好きな曲を選べる。

でも僕がプレイするときはPEARL BLUE SOULのみ!!(是非、聴いていただきたい!!)

これで最高のドライブ気分に浸れること間違いなし!!

ちょっとムシャクシャしたときや落ち込んでいるときなど、このR4でドライブすれば驚くほど落ち着くのだ。
まあ、ある程度走れるようになるまでは練習しないと逆にイライラしてしまうけどね(笑)。

ちょっとゲームの楽しみ方としてはズレているかもしれないが、

ゲームなんて自分が楽しいと思う遊び方で遊べばいいのだ。

そう思わせてくれた貴重なゲームでした。

皆さんも是非、助手席にお気に入りの人を乗せて(想像でね)ドライブに出かけてみませんか?

たなべんのこのゲームに対する評価95点

ゲーム情報
対応機種:PS
メーカー:ナムコ
ジャンル:3Dレーシングゲーム
定価  :6090円(税込)
発売日 :1998年12月3日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
R4-RIDGE RACER TYPE4-

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:レースゲーム全般 - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。