あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪魔城ドラキュラ(SFC版)のレビュー
僕はスーパーファミコン(以下SFC)を発売日に買った。

それから、スーパーマリオワールド、F-ZEROなどのゲームを楽しく遊んでいた。

SFCの初期のゲームは非常にクオリティが高かった。

そんなオモシロソフトの中のひとつに僕が挙げるのが悪魔城ドラキュラだ。

内容はアクションゲーム。
ホラーテイストなグラフィックと音楽でオドロオドロしい独特の雰囲気をかもし出している。
ヴァンパイアハンターである主人公が吸血鬼ドラキュラを倒すため、敵を倒しながら進んでいく。

主人公の武器はムチでゲームの主人公の武器としては珍しい。
しかし、ファミコンから始まったこの悪魔城ドラキュラシリーズの主人公の武器としてはおなじみになっている。

今回のこのSFC版のムチはそれまでに出たシリーズの横方向のみの攻撃から全方向の攻撃に変更されている。

これを操るのが快感なのだ!!

8方向への通常攻撃の他に、ムチをくるくる回したりムチを垂らしたりできる。攻撃力としては落ちるのだが弱い敵や敵の飛び道具などならこれでも倒せるためバリアーみたいな使い方もできる。

また、ムチをステージ中に配置されているリングに引っ掛けることによりぶら下がって離れた地形間を移動できる。

これらの操作がアクションに絶妙なアクセントを与えている。

バランスも絶妙で、何回もプレイしていれば流れるようなプレイができる。

それが実に快感なのだあー!!

グラフィックもサウンドも初期の作品とは思えないくらいクオリティが高い。今でも、オプションのサウンドモードで音楽を聴いたりしている。

僕がプレイしたことのあるドラキュラシリーズ(3、4作)の中では一番気に入っている。まあ、難しくて解けなかったけどね。

興味を持った方はぜひプレイしてみてください。
今、遊んでも絶対面白いですから。

ところで、このレビューのデキがひどいですね。
実は「エンタの神様」観ながら書いてました。

すみません

たなべんのこのゲームに対する評価95点

ゲーム情報
対応機種:スーパーファミコン
メーカー:コナミ
ジャンル:アクション
定価  :8800円
発売日 :1991年10月31日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
悪魔城ドラキュラ

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

コナミアンティークスMSXコレクションウルトラパックのレビュー
以前の記事で触れたことのある昔懐かしいパソコンMSX。

このMSX支えていたソフトメーカーのひとつとして真っ先に挙げられるのがコナミであろう。

特にMSX1の頃には素晴らしいゲームを数多く輩出していた。

MSX1は当時としても決して性能が高い方ではなく。当時、大人気だったファミコンと比べても貧弱であった。
出せる色は16色と少なく、スプライト(キャラクターなど)も単色でハードによるスクロール機能も備えていなかった。
だから見栄えも悪く、スクロールしたとしてもソフトでさせるのでガタガタであった。

当時MSXユーザーはファミコンと比べられたりして辛い思いをしたらしい。(僕は全然気にしてなかったけど)

そんなMSXユーザーを楽しませてくれたのがコナミのMSXソフトなのだ!!

コナミはMSXというものをよく解っており、マシンの性能を最大限に引き出したゲーム作りが出来ている。

よって、グラフィックやキャラクターの動きなどはMSXとは思えないほどクオリティーが高い。
例えばグラディウスは、MSXの性能とアーケードとの性能の差が大きすぎて(もちろんMSXが低い)、MSXでは移植不可能と言われていた。
でもコナミは決してあきらめず、プログラムで全て解決し奇跡と呼ばれるほどの高レベル移植を実現した。
確かにアーケードに比べて見劣りするが、プレイ感は紛れも無いグラディウスなのだ。
このコナミの限られた性能のなかで工夫して作るという姿勢が数々の優良ゲームソフトを産み出したのだと思う。

また技術力だけでなく、ゲームのアイデアやバランスのとり方など、全てにおいてレベルが高かった。
ついつい遊んでしまう。そんな魅力があった。

そして、コナミはMSXのサウンドにも革命を起こした。

グラディウス2に初めて搭載されたサウンドチップのSCCというもの。
これは、MSXのROMの中に組み込まれ、MSXのサウンド性能をパワーアップさせるものなのだ。
通常MSXはPSG音源3音である。
まあ、ファミコンのようなピコピコな感じと思ってもらえればいいと思います。

それが、すんごいことになるのです!!

音の厚みが大幅に増して、色んな表情を持つようになるのです。
また、その音が聴いてて心地よいのです。

PSG音源は矩形波と呼ばれる波形しか出せないが、SCCは様々な波形を生成できる。それにより、バラエティに富み、深みのある音が出せるのだ。

と、ここでやっとコナミアンティークスMSXコレクションウルトラパックの話に入るのだが、これは先にPSで出たコナミアンティークスMSXコレクションのVol.1~Vol.3(それぞれコナミのMSX1のゲームを10タイトル収録、各4800円(税別))を1つにまとめたもの。

しかも定価3800円(税別)と超お買い得!!

収録されたタイトルも当時のMSXユーザーがよく遊んでいた懐かしいものばかり。

収録タイトルを挙げると
コナミのボクシング、コナミのピンポン、ハイパースポーツ2、ハイパースポーツ3、コナミのゴルフ、コナミのビリヤード、コナミのテニス、コナミのサッカー、コナミラリー、ロードファイター、スカイジャガー、グラディウス、ゴーファーの野望、スーパーコブラ、ツインビー、グラディウス2、タイムパイロット、パロディウス、沙羅曼蛇、モピレンジャー、けっきょく南極大冒険、夢大陸アドベンチャー、イー・アル・カンフー、イーガーの皇帝の逆襲、わんぱくアスレチック、マジカルツリー、魔城伝説、ぽんぽこパン、ピポルス、王家の谷
と全30タイトル!!

これは、かなり遊べる。

ただ、MSXに思い入れが無い人にはちょっと辛いかも。
さすがに今のゲームに比べると見劣りするかも。
でも逆に新鮮さを感じる人もいるだろうけど。
興味のある方は是非試してみてください。

当時、MSXユーザーで収録タイトルを遊んだことのある人は、当時を思い出してセンチメンタルな気分に浸れること間違い無し!!

たなべんのこのゲームに対する評価85点

ゲーム情報
対応機種:セガサターン
メーカー:コナミ
ジャンル:バラエティ
定価  :3800円 (税別)
発売日 :1998年7月23日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
↓セガサターン版
コナミアンティークスMSXコレクション ウルトラパック

↓プレイステーション版
コナミアンティークスMSXコレクション Vol.1

コナミアンティークスMSXコレクション Vol.2

コナミアンティークスMSX3

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
イースⅡのレビュー
前回はイースをレビューしました。

今回、せっかくなのでⅡもレビューしちゃいます。

しかもまた、PC88用で~す!!

ⅡはⅠからストーリー上、そのまま続いてます。
どうもⅠを作るとき、イースというゲームのスケールが大きすぎて2作に分けたようです。

で、前回のⅠはかなり僕にとっては面白いゲームだったのですがⅡはどうでしょう。

結論から言うと面白いです。

ただ、残念な点がいくつかあります。

1つ目は、ゲーム進行のテンポが悪くなったこと。
何故か?
それは、レベルアップのために無理に敵を倒しまくらないといけないところが、ちょくちょくあるからである。
早く先に進みたいのにボス敵が強すぎて倒せなかったりするのだ。
これで、結構ダレるときがある。

2つ目は神秘的な雰囲気が弱くなってしまったこと。
Ⅰのどことなく神秘的で落ち着く雰囲気が普通な感じにまとまってしまっている。音楽もⅠの落ち着いた雰囲気からちょっとポップな感じになった。
まあ、これは好みの問題であろうが。
ただ、さすが当時のファルコム作品だけあって完成度が非常に高いのは間違いない。

3つ目はボス敵に歯応えが無くなってしまったこと。
Ⅰの敵は強いが何回も戦っていれば倒せるようになるという絶妙なバランスを誇っていたのだが、このⅡはレベルが足りなければ倒しづらいがレベルを上げてしまえばあっさり倒せてしまう。
プレイヤーのテクニックがさほど重要では無くなってしまったのだ。
はっきり言って印象に残らないのでどんなボスがいたか余り覚えていない。

まあ、色々僕が感じた残念な点を挙げたが、

ゲームとしては間違いなく名作だし、完成度が高い。

イースに対する期待が大きすぎたからこそ出た数少ない不満点だと思っていただきたい。
人によってはⅡの方が好きだという人もかなりいる。
また、他機種版ではバランスが変わっている場合があるので、チェックしていただきたい。

ただ、残念ながらこのイースⅡは2,3回しかプレイしていない。
僕にとってはⅠのような何回でも遊びたくなるゲームではなかった。
その部分だけは残念な点である。

たなべんのこのゲームに対する評価80点

ゲーム情報
対応機種:PC88シリーズ
メーカー:日本ファルコム
ジャンル:アクションRPG
定価  :7800円
発売日 :1988年4月22日


昔懐かしいPC88シリーズなどの8ビットパソコン版をプレイするならこちらのプロジェクトEGGをチェック!!
http://www.soft-city.com/egg/

気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!

↓PCエンジン CD-ROM2版
イース 1・2 【PCエンジン】

↓プレイステーション2版
イースI・II エターナルストーリー

↓セガサターン版
ファルコムクラシックス2 通常

↓ファミコン版
YSII(イース2)

↓Windows版
イースI&II完全版 新パッケージ版

イースI・II 完全版 VISTA版

イース 2 完全版 CD-ROM版

イース 2 完全版 DVD-ROM版

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

イースのレビュー
イースというゲームを知っている方は結構いると思います。
今回はその1作目をレビューしたいと思います。

しかも、PC88用でーす!!

最近の人にはPC88というパソコンを知らない人もいると思いますが、当時は話題のマシンでした。

僕が持っていた88はFAという機種で1987年に発売されたものでした。
PC88シリーズなどの当時の8ビットパソコンは今のパソコンやゲーム機に比べると比べ物にならないくらい性能は低く、色も基本的に8色程度しか出せず、音も機種によるがだいたいFM音源3音+PSG音源3音(PC88シリーズの場合サウンドボードⅡ装着すればFM音源6音+リズム6音+PSG3音+ADPCM音源!音)という感じで今と比べるとスゴク貧弱だ。
しかし、当時のゲーム機ファミコン等と比べると高性能で高度なゲームがたくさん出て、すごく魅力的だったのだ。

で、1987年にイースというゲームが出た。

ゲーム内容はアクションRPGでアドルという少年が主人公で呪われていると言われるエステリアでの冒険が描かれている。
このゲームの敵キャラクターへの攻撃は体当たりによってできるのだが、そのとき半キャラ分ずらして体当たりすることによってダメージを受けることなく攻撃することができる。これを「半キャラずらし」というのだが、これが気持ちよく戦闘を楽しいものにしている。ただし、ボスには使えないが。

オリジナルのPC88版が出たばかりの頃、僕はまだ88を持っていなかったので友人の家に遊びに行って見せてもらった。その感想は

ほお~

という程度でした。
確かにスゴイのだがそこまでテンションが上がらなかったのである。
そして、その後自分のPC88を買ってイースをプレイした。そのときも

うん、まあ面白いなあ。

という程度。

じゃあ、何故このゲームをあえてレビューするのか。

このゲームのスゴサは後々分かったのである。それは何か…

一度クリアしたゲームを再プレイすることが滅多に無いこの僕が

何回も再プレイし、しかもその都度クリアまでしているのだ!!

何故、何回もプレイしてしまうのか考えてみた。

特に派手さは無いが丁寧に作られており、バランスも絶妙でしかもプレイ時間が数時間と短く最後までダレることがないからだと僕は思った。

とにかく戦闘もテンポがいいし、ダンジョンなども複雑ではなくストーリー展開も早くトントン進む。さすがに昔のゲームなのでたまに謎解きで考えさせられることはあったが、気が付けばエンディングといった感じだ。

ボスキャラとの戦闘もアツく、強いのだがもう少しで倒せそうと思わせる絶妙なバランスでやられてもコンティニューすればそのボス戦から始められるため何度も挑戦してしまう。

グラフィックもキレイで神秘的な雰囲気を持っておりプレイしていても落ち着く。

音楽も名曲ぞろいで今でも高く賞賛されているのもうなずける。
古代祐三氏が数多く作曲しており、決して性能としては高くないPC88の音源を最大限に駆使しバラエティに富んだクオリティの高い曲を作り上げている。
発売から20年程たった今でもたまに聴いている程だ。

とにかく、ホントによく出来ている。

レビューを書いているとプレイしたくなってウズウズしてきた。

このイースは他のパソコンやゲーム機など数多く移植されている。
僕は思い入れのある分今回レビューしたPC88版が一番好きなのだが、世間ではPCエンジンCD-ROM2版(2も一緒に入ってる)が一番評価が高いようだ。

もし、興味を持たれたのならぜひ一度プレイしていただきたい。

たなべんのこのゲームに対する評価95点

ゲーム情報
対応機種:PC88シリーズ
メーカー:日本ファルコム
ジャンル:アクションRPG
定価  :7800円
発売日 :1987年6月21日


昔懐かしいPC88シリーズなどの8ビットパソコン版をプレイするならこちらのプロジェクトEGGをチェック!!
http://www.soft-city.com/egg/

気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!

↓PCエンジン CD-ROM2版
イース 1・2 【PCエンジン】

↓プレイステーション2版
イースI・II エターナルストーリー

↓セガサターン版
ファルコムクラシックス

↓ファミコン版
YS(イース)

↓Windows版
イースI&II完全版 新パッケージ版

イースI・II 完全版 VISTA版

イース 1 完全版 XP CD-ROM版

イース 1 完全版 XP DVD-ROM版

イース1 完全版 (説明扉付きスリムパッケージ版)

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。