あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計に注目!!
ついに出ましたね。DSのゼルダ。

今日、TVゲームを扱っている某電器量販店に行ったら、もう売り切れてました。
さすがと言ったところか。

ゼルダの伝説といえば初代のファミコン版から始まり、スーパーファミコンやニンテンドー64やゲームボーイ、最近ではWiiでも発売された大人気のシリーズだ。

そのゼルダがニンテンドーDSオリジナルとして新たに作られたのだ!!

今回のゼルダの特徴はなんと言っても操作方法。それは…

タッチペンでリンク(主人公)を操作するのだあ!!

剣を振る、走る、ブーメランを投げるなどのリンクの操作をタッチペン1本でしてしまうのだ。

そうなると心配になるのが操作性だ。

でもご心配無く。雑誌などでのこのゲームの評価では操作性は良いとありましたよ!!
ただ、慣れないうちは若干誤動作もあるらしいが。

ゼルダの伝説シリーズならではの謎解きも健在で頭を悩ましながら進んでいく楽しみもゼルダシリーズならでは。

2人同時プレイの対戦プレイも収録されており、友達や日本中のプレイヤーとの対戦も楽しめるようです。

買って間違いなしのDS版ゼルダ試してみてはいかがですか?

ゲーム情報
対応機種:ニンテンドーDS
メーカー:任天堂
ジャンル:ペンアクションアドベンチャー
定価  :4800円(税込)
発売日 :2007年6月23日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
スポンサーサイト

テーマ:ゼルダの伝説シリーズ - ジャンル:ゲーム

ソニック・ザ・ヘッジホッグのレビュー
僕はメガドライブが大好きだ。

僕の大学時代の思い出には結構メガドライブの思い出が多い(それも結構悲しい話だが…)。

まあ、自称メガドライバーってことで。
ホンキのメガドライバーさんには「100年早いわ!!」と言われそうだが(笑)。

そんなメガドライブライフに入るきっかけをくれたのはセガから発売された「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」だ!!

このゲームは横スクロールアクションゲームでスーパーマリオシリーズのような感じなのだが、大きな特徴はハイスピードというところ。

スーパーマリオが「てけてけピョン」という感じだとしたらソニックは「タタタタピョ~ン」といった感じか。

そんなソニックとの出会いは某有名ゲーム雑誌でソニックがセガの公式キャラクターに決定したという記事を見たこと。
そして、その横にあったたった一つの画面写真を見て

「カッコエエ~!!」

と一目惚れ。

「これ買う~~~!!」

と即決。

ソニックはマリオみたいなオッサン(任天堂及びマリオファンの方々ごめんなさい。当時そう思ってました)とは違いハリネズミのキャラクターでかわいい中にもクールさがあってかっこよかったのだ。

それまで、メガドライブに一度も興味を持たなかった僕が一気にテンションMAX!!

早速メガドライブ本体と、ついでに買ったアウトランと共にソニックを購入。
そして、期待を胸にプレイした。

メガドライブをセッティングし、ソニックのROMを挿し本体の電源をON!!

するとソニックが高速で駆け抜け、その残像とともにセガのロゴが現れ、

セ~ガ~~~

というボイスが!!

うおお!!テレビCM(当時の)みたいだあ~~。

今でこそ、ボイスは当たり前だが当時のゲームではなかなか無かった。なかでもROMカセットのゲームではメモリ容量が少ないため、大容量を必要とするボイスの入ったゲームは珍しかった。しかもメガドライブのROMカセットのゲームの電源を入れた後は必ずといって良いほど「SEGA」のロゴが出てくるだけだったのだ。

そして、タイトル画面になりゲームスタート!!

ソニックを移動させてみた。

ゆっくり加速していくと足がトム&ジェリーばりに高速で回転する。

速いっ!!

ソニックの加速とともに画面が高速でスクロールしていく。
初めてプレイしたときには結構ビックリしたものだ。

スクロールが早いとソニックの操作がしづらいのでは?と思われるかもしれないが、全くそんなことは無い。
操作したとおりにきっちりソニックが反応してくれるので操作感はかなり良い。

プレイしていくとステージの途中ですべり台やパイプなど、入ってしまうと操作不能な移動するための仕掛けが至る所に用意されている。
そこに入ると、ただでさえハイスピードなソニックが更にスピードアップする。それは目に追えないくらい。

とにかく、胸がスカーッっとするのだ!!

でも、常にハイスピードというわけではなく、テクニックを要するステージもあり、その場に応じた攻略が必要となる。

ステージ画面や敵キャラクターもセンスが良く、ハイスピードアクションにマッチしている。
また、このゲームでは敵キャラクター倒してもそのキャラクターが死ぬという設定にはなっておらすDr.エッグマンによって敵キャラに変えられた動物が開放されるということになっている(確か)。
敵キャラクターは殺してしまうというのが当たり前になっているゲーム業界のなかで、嬉しい設定だと当時思ったのを覚えている。

そう考えると、余りにも殺したり倒したりするゲームばかりな上(RPGなんかはどんだけ敵を殺してることか)、ゲームだとしても敵キャラクターを殺すことに何も感じなくなっていること(自分も含めて)が

非常に悲しいことだと思う。

あまりにも、当たり前のことすぎてピンとこない人も多いと思うが。

話がそれたが、このソニック・ザ・ヘッジホッグは僕をメガドライブの世界に引きずりこむのに十分な出来だった。

そこから、僕は当時遊んでいたスーパーファミコンそっちのけになるほどメガドライブにはまっていくのでありました。

ぜひ、皆さんも、ソニックシリーズの記念すべき第一作目をプレイしてみませんか?

そういえば、音楽はドリカムの中村正人氏。
ハイクオリティーの音楽もぜひ聴いてみてください。

たなべんのこのゲームに対する評価90点


ゲーム情報
対応機種:メガドライブ
メーカー:セガ
ジャンル:アクション
定価  :6000円
発売日 :1991年7月26日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
↓メガドライブ版
ソニック・ザ・ヘッジホッグ MD 【メガドライブ】

↓セガサターン版
SONIC JAM

↓ゲームキューブ版
ソニック メガコレクション

↓プレイステーション2版
ソニック メガコレクション プラス

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
見る力を実践で鍛えるDS眼力トレーニングに注目!!
最近、僕は35歳になったばかり。
年とともに体力や頭の回転の衰えを感じるのである。

このままいくとおじいさんになる前にボロボロなのではないか。

ああ、怖い怖い。

いろんな衰えを感じる僕がテレビのCMを見て気になったのがニンテンドーDSの「見る力を実践で鍛えるDS眼力トレーニング」。

これは眼力(視力は関係ありません)を鍛えるソフト。

このソフトで鍛えることのできる眼力ってどういうものかというと動体視力(動いているものをはっきり見る能力)、瞬間視(一瞬で多くの情報をつかむ能力)、眼球運動(素早く眼を動かす能力)、周辺視野(広く範囲を見る能力)、眼と手の協応動作(素早く判断し、正確に反応する能力)の5つ。

トレーニングメニューも豊富で基礎トレーニングで10種類、応用編スポーツトレーニングで7種類ある。

基礎トレーニングに入っているメニューには3つの箱をシャッフルし○が入った箱を当てたりするものや、一瞬だけ表示される数字を記憶し答えるものなど、短時間で挑戦でき、ついついやってみたくなるものばかり。
また、スポーツトレーニングは野球のバッティングやボクシング、卓球など楽しそうなトレーニングがぎっしり!!

それらのトレーニングを行った後は眼のストレッチなどもあっていたれりつくせり。

これらのトレーニングを積んで、眼年齢の若返りに挑戦だあ!!

ゲーム情報
対応機種:ニンテンドーDS
メーカー:任天堂
ジャンル:「見る力」トレーニングソフト
定価  :3800円(税込)
発売日 :2007年5月31日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム

コラムスのレビュー
コラムスって知ってます?

結構有名なので知っている人は多いと思います。

落ちゲーと言われるパズルゲームなのですが、内容はというと上から様々な色の3つ連なった宝石が落ちてきて、それを縦、横、斜めに同じ色の宝石を3つ並べると、その宝石が消えるというルール。

落ちゲーというとぷよぷよやドクターマリオなど様々なものが発売されているが、それらのほとんどが頭を使ってゲームを楽しむものなのだ。

このコラムスもそうなのかもしれない。

でも、僕の楽しみ方はそうじゃない!!

このゲームは僕にとって最高のトリップアイテムなのだ!!

最初は、パズルゲームとして頭を使って楽しむつもりで購入したのだが、遊んでいると頭がボーっとマヒした感じになって、すごく気持ちよくなってきたのだ。

なんだ、これは?

これは、おもしろいと思った。

シューティングゲームなどでたまに、スイスイ進んだときなどにハイになるときがあるが、これは慣れてしまえばいつまでもハイを体験できる。

ただ僕にとって、このトリップを体験できるのは今のところメガドライブ版のみだ。

多機種版はサターン版のSEGA AGES コラムス アーケードコレクションしかプレイしていないが難しすぎる。

メガドライブ版のゲームをORIGINAL GAMEでスタートしてCLASSをNOVICE、LEVELを0、TIME TRIALをNOでプレイ。
そうすると難易度がかなり下がり、適当にやっていてもゲームオーバーになりにくくなる。
設定時BGMも選べるのだが、僕はもっぱらCLOTHOがお気に入り。

楽しみ方としては、ちょっとズレているかもしれませんが、イイですよ~。

でも、トリップを味わうならメガドライブ版ですよ!!

たなべんのこのゲームに対する評価90点


ゲーム情報
対応機種:メガドライブ
メーカー:セガ
ジャンル:パズル
定価  :5500円
発売日 :1990年6月30日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
↓メガドライブ版
コラムス MD 【メガドライブ】
↓プレイステーション2版
SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.7 コラムス
↓セガサターン版
SEGA AGES コラムス アーケードコレクション
↓PCエンジン版
コラムス 【PCエンジン】

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。