あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミステリーハウス2のレビュー
この前、MSXのテープのゲーム、レリクスのレビューをしました。
今回もMSXのテープのゲームのレビューです。

そのゲームはミステリーハウス2。ちなみに1はやったことがありません。
確かプレイしたのは20年近く前だったと思う。

ゲーム内容はアドベンチャーゲーム。
ある屋敷のなかにある財宝をさがすのが目的。
グラフィックはかなり殺風景だが、それが逆に想像力をかきたたせミステリアスな雰囲気を作り出している。

最近のアドベンチャーといえば、動画バリバリのサクサク進む簡単操作のインターフェイスのゲームが多い。
サウンドノベルものや逆転裁判のようなシナリオ重視のものやミストのような謎解き重視のものなど様々だ。
またジャンルも複雑化している昨今、バイオハザードのようなアクションが組み合わさったものなども多い。

でも当時アドベンチャーといえば、ほとんどこのミステリーハウスのようなゲームばっかりだった。

では、どのようなゲームなのか。

それは、コマンドを入力して進めていくゲームだ。

何年か前まで主流だった「オホーツクに消ゆ」などに代表されるコマンド選択式アドベンチャーゲームというのがあった。
それは「きく」、「みる」などの用意された動作のコマンドを選択して進めていくというもの。
このタイプは基本的に全てのコマンドをしらみつぶしに選べば何とかゲームを進行させることが出来た。

しかし、コマンド入力式では「ドウスル?」、「ナニヲ?」のように聞いてくるので「みる」、「とる」などのコマンドをキーボードで入力しなければならない。

だから、どんな動詞が入るか、どんな名詞が入るかは自分で考えて入れなければならない。

しかも、英単語なのだ!!(日本語入力のゲームもある)

当時、中学校1年生だった僕は和英辞書片手にあれこれ頭を悩ましたものである。

謎解きはあるは、動作を考えないといけないは、単語は調べないといけないはで1画面進めるのに非常に時間がかかる。
今でこそアドベンチャーゲームは画面数が多いだけでなく動画も当然だが、当時容量が数十キロバイトしか無かったので十数枚の画面数しかなかった。

しかし、その1画面、いや1つの謎をクリアしたときの感動ときたら、今のアドベンチャーゲームの比ではない。

便利で難易度が易しいのもいいが、こういった歯ごたえのあるものも解いていく楽しさを味わえて良いと思う。

現在、こういったゲームを遊べる環境はあまり無いが、もし機会があれば是非試していただきたい。

たなべんのこのゲームに対する評価80点

ゲーム情報
対応機種:MSX
メーカー:マイクロキャビン
ジャンル:アドベンチャー
定価  :3800円
発売日 :1984年6月
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

Wii Fit発表について
世界最大のテレビゲーム関連の展示会E3で任天堂からWii Fitなるものが発表されました。

以前から出ると言われていたもので、僕も気にはなっていた。

で、そのWii Fitだが、結論から言わせてもらえば

大ヒットは間違いない!!

それでは、どういったものなのか。
まず、Wiiバランスボードという圧力センサーが内臓されている新しいデバイスが採用されており、これの上に乗って重心移動をしたり、腕立て伏せのように手を乗せたりして使う。

そして、これを使いエアロビクスやヨガやフラフープなど、様々なエクササイズや体を使ったミニゲーム等が楽しめるようです。

ダイエットやフィットネスは女性を中心に注目されているところ。
これらのためにならお金をいとまない人も多い。
しかも今、Wiiが話題となっていれば、その相乗効果もかなりのものだろう。

任天堂のゲームを見つめなおそうという思いがひしひしと伝わってくる。

また展開がすごくうまい。

これだけ、新しいことをどんどんやっているのに、結果を出し続けているというのはスゴイとしか言いようがない。

ただ、ひとつ気になるのは

Wii Fitならではの楽しさがあるのだろうかということ。

現在発表されている内容を見ると楽しさがある程度想像できてしまう。
実際やると面白いのだろうけど、インパクトに欠ける気がする。
これから、もっと詳細な内容が発表されれば印象も変わってくるのだろうが…。

また話は変わるが、今の任天堂を見ていると他のメーカーに苛立ちを覚えずにはいられなくなる。

売れたゲームの続編や関連ものばかり作るメーカーは多いは、売れたゲームの二番煎じのものが溢れるは、ある程度売れりゃ何でもいいのか?と思ってしまう。特に国産メーカー!!
確かに、企業なんだから利益をあげるのが大事というのはわかるが、ゲームは商品と同時に作品ということを忘れて欲しくない。

もっと今までに無いゲームを作って世間をアッと驚かせてみようとか、これが自分の作品だ!!と誇れるようなゲームを作ってやるぞという意気込みが欲しい。

今までのようなゲームは飽きられてきているし、一般ユーザーはついていけていない。一部のコアユーザーしかついてこないということを認識してほしい。また、ゲーム業界の成長にはつながらないということをわかって欲しい。

ただ、やはり作り手が冒険できるようになるには、そういうことが出来る環境と資金と利益が出る土壌が必要なのも事実。

ハードメーカーもゲーム開発費高騰を抑えるためのゲーム制作環境の整備やゲームメーカーに対する支援等が必要ではないでしょうか。

ハッ!!

すみません、ついつい熱くなってしまいました。

話がかなりそれましたが、話を戻します。

ただ、残念なのはこのWiiバランスボードがWii標準デバイスではないこと。
このデバイスがWiiに定着することは無いであろう。
今までのテレビゲームの歴史のなかで、標準装備されていないデバイスが定着したことは一度も無い。(PC-EngineのCD-ROM2やPSのデュアルショックは定着したが、それは途中で標準装備になったため)
となると、他のゲームに採用しづらくなる。
となると、Wiiバランスボードを使ったゲームがバンバン出るというのは考え辛い。
途中で標準装備にすると、それ以前の人が対応ゲームを遊ぶときは金出してWiiバランスボード買わないと出来ないしなあ。
うーん、困った。

まあ、とにもかくにもWii Fit楽しみですね!!

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

レリクスのレビュー
昔、PC88やX-1やFM-7やMSXなどの8ビットパソコンの全盛期だった頃、ボーステックからレリクスというゲームが発売された。

レリクスは横スクロールアドベンチャーでおどろおどろしい不気味なグラフィックが特徴だ。

当時、僕が持っていたのはMSXというマシンで性能は当時の8ビットマシンの中でも最低クラスで原色バリバリでギザギザグラフィックのゲームが多かった。

このレリクスも例にもれず、ガクガクグラフィックなのだが中々雰囲気は出ていた。

ところで、このゲームのメディアがカセットテープなのである。

DVDなどに慣れた最近のゲーマーさんの中にはカセットテープでゲームを遊んでいた時代があったということを知らない人も多いと思う。

ドライブはデータレコーダーという装置でデータを読み込む。
記憶容量は確か数十キロバイト程度だったと思う。
DVDと比べると数十万分の1しかない。
なのに、その程度のデータを読み込むのにこのレリクスの場合、

だいたい30分もかかってしまうのだ~~~!!

PS2などで採用されているDVDなどの光学式ディスクの数秒のゲームの読み込みでさえイライラすることもあるくらいなのにテープの読み込みときたら30分である。

そりゃあ、さぞかしイライラしたであろうと思われるであろう。

でも、意外とそんなことは無いのである。あまりにも長すぎてハナから諦めており、ロード中に漫画を読んだり、友達としゃべったり結構有意義にその時間を過ごしていた。
最近のセカセカした世の中を見ていると、こんな余裕が欲しいよなあと思ってしまう。いわゆるスローライフってやつ(違う?)

で、肝心のゲーム内容は、まず世界観もそうだが、主人公の設定が独特。
主人公は実態を持たないただの影なのだ。
ゲーム開始後、プレイヤーはその影を操作して舞台となる遺跡の中でうろついているキャラクターに乗り移らなければならない。
その後は、そのキャラクターを操作してゲームを進める。
途中、別のキャラクターを倒せば、それに乗り移ることになる。

グラフィック等は良く出来ており、当時にしてはデカいキャラクターが滑らかに動いているのには感動した記憶がある。(ただMSX版はそれなりだけどね(笑))

またゲーム開始時はこの世界に関する情報がほとんど無く、ゲームを進めることによって徐々に謎が明かされていくといった感じ。
これが、不気味で神秘的な世界観をより一層引き立てている。

ただ、このゲーム制作時は続編を出す前提で作られたようで、クリアしても、よくわからないまま終わってしまう。
続編が発売されなかったのが残念である。(ウインドウズでレリクス(Anthologyではない)が発売されているようですが、そこで、その後が語られているのかは僕はわかりません)

ところで、このテープ版のレリクス、ゲームを半分程度進めるとまたロードが始まる。もちろん

ロード時間は30分!!

で、その後、自分のキャラクターが死んでゲームオーバーになったら、

最初まで巻き戻して初めから!!

さすがに、当時の僕でも立ち直るまで時間がかかりました。

たなべんのこのゲームに対する評価85点

ゲーム情報
対応機種:MSX
メーカー:ボーステック
ジャンル:アクションアドベンチャー
定価  :5800円
発売日 :1986年


昔懐かしいPC88シリーズなどの8ビットパソコン版をプレイするならこちらのプロジェクトEGGをチェック!!
http://www.soft-city.com/egg/

気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
↓Windows版
RELICS Anthology
もう無理です。ごめんなさい
今日もゲームレビューを書いてましたが。
3回書いてもアップされず消えてしまいました。
さすがに疲れました。

今回は無理です。ホントにごめんなさい。

クヤシイ!!なんでだあ~~~!!

次、頑張ります。
キングスフィールドのレビュー
今回はキングスフィールド(KING'S FIELD)です。

このゲームはPS初期に発売されたもので3Dポリゴンで構築されたダンジョンを剣と魔法でモンスターと戦いながら進めるRPGだ。

ちょうどウィザードリィをアクティブ3DダンジョンRPGにした感じといえば分かりやすいだろうか。
開発者もウィザードリィを意識したらしい。

ところでゲームの方だが、まず

グラフィックがとても粗い!!

背景や敵や自キャラなど全てポリゴンで作られているのだがカクカクなのだ。
ダンジョンにいる人間などもポリゴンで作られているのだが、粗いだけでなく顔ものっぺらぼうという様だ。

こんな風に言うと手抜きっぽく思われるだろうが、あえてそういう風に作っていると僕は思っている。(まあ、性能的にも丁度良かったのかもしれないが)

この粗いグラフィックのおかげで

すごく雰囲気が良い!!

また、プレイヤーの想像力を程よく掻き立てる程度の粗さなのだ。
当時、僕はあえてこういう風にした(多分)フロム・ソフトウェアに感心した。

また、サウンドも想像力の邪魔にならない程度の環境音を鳴らしているくらいに抑えられている。
おかげで雰囲気もアップ!!

次はゲーム内容だが、とにかくシビア!!

特に序盤。敵に対する攻撃ひとつにとっても、何も考えずに突っ込むと速攻ゲームオーバーになる。
最初は、一番弱い相手にもヒット&アウェイが基本。
また、ちょっと強い相手と戦うと即死。

すぐ、アァ~~~とか言いやがる

でも、レベルが上がったり、武器や防具を手に入れたりして自分が強くなっていき今まで倒せなかった敵が倒せたときはすごくうれしいのだ。
他のRPGよりも強くなった実感が湧きやすいゲームだと思う。
それでも、何故かついつい遊んでしまう。
不思議とバランスが良いのだ。

とにかくダンジョンを攻略しているという実感がすごい!!

このゲームもシリーズ化がされておりⅠ~Ⅲ(PS)、Ⅳ(PS2)(2007/7/1現在)も発売されている。

是非、この臨場感あふれる辛口RPGを試していただきたい!!

たなべんのこのゲームに対する評価85点


ゲーム情報
対応機種:プレイステーション
メーカー:フロム・ソフトウェア
ジャンル:3Dロールプレイングゲーム
定価  :6300円
発売日 :1994年12月16日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
キングスフィールド

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。