あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとWii買ったぞお!!
ついに、ついに、ついに買いましたあ~。
Wii本体~!!
今まで、買おう買おうと思いながら、だいぶ経ってしまいました。
でも、Wiiに428が出るということで、「これは買わなあかん」ということで、決心がついたのです。

コントローラーやらなんやら買ったら4万円弱になってしまいました。
結構痛い出費・・・(涙)

で、ソフトはとりあえず、マリオの野球とサッカー、マリオパーティー8(もらいもの)の3本。
そして12月4日には待望の428が!!

Wiiライフ満喫だあ!!
でも、あんまり時間が無いけど・・・
スポンサーサイト
ハイデフのゲーム
この前、久しぶりに友人に会いました。
そこでゲームの話も出ました。
友人はXbox360を持っていて、ちょこちょこゲームを楽しんでいるということでした。
でも、困ったことがあるというのです。
それは・・・

友人のテレビがまだ、アナログだということ!!

で、何で困るのかというと、ゲームによっては文字が小さすぎて見えないこと。

どうも、Xbox360のゲームの中にはユーザーがハイデフのテレビを持っているということを前提の上でゲーム作りをしているものが結構あるらしい。
そのためゲーム中の文字がかなり小さく、アナログテレビでは滲んで何が書いてあるのか読みづらく、勘で読まなければならないということ。しかも、文字の大きさを変えたりする設定も無し。ゲームによっては全く読めず友人は買ったその日にゲームショップに売りに行ったものも。

それを聞いて、メーカーは一体何を考えてるんだと腹が立った。

ハイデフテレビは普及してきてはいるが、まだまだ持っていない人はたくさんいる。それを分かっているはずなのに、そんなゲーム作りをしているのは怠慢という他ない。アナログテレビに接続可能である以上、文字の大きさ変更の設定を設けるなどの処置があってしかるべきなのだ。

いくら、グラフィックがキレイでも、それでは台無しになってしまう。

作り手はもう少し、ゲーム作りについて考えていただきたいものである。

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。