あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラクエ9がニンテンドーDSで出る件について
2006年12月12日、ドラクエ9がニンテンドーDSで発売されると発表があり、それと同時にTVでドラクエ9がDSで出るというようなCMが流れた。

それを見て、僕はあるゲーム界で起こった出来事を思い出した。それは…

10年くらい前、ファイナルファンタジーシリーズ(以後FF)が任天堂のマシンからソニーのマシン(PS)に移籍したことだ。

あれはショックだった。

その当時、任天堂のスーパーファミコンやセガのメガドライブなどのマシンの次世代機にあたるPSやセガのセガサターン(以後SS)などがシェア争いを繰り広げていた。
そんな中で任天堂は次世代機のニンテンドー64(以後N64)の投入がまだ出来ていなかった。
それでも本命は任天堂との声が高かった。

また、PSとSSのシェア争いも当時を知らない人には信じられないかもしれないが、SSが有利だったのだ。
SSはスーパーファミコンなどの前世代ゲーム機で人気だった女神転生や天外魔境などのビッグタイトルの続編やバーチャファイターシリーズやセガラリーなどのセガの有名アーケードゲームの移植などでPSに比べラインナップが強力だった。
SS関連の雑誌もいろいろ発刊され、その中には何とソニー系列の出版社のゲーム雑誌もあったくらいだ。
それに後押しされSSの本体販売台数はPSよりも多く勢いがあった。
僕は当時セガ党だったので嬉しくてしかたなかった。あの時までは…

そして、FFの最新作がPSで開発されているCMが流れた…

僕はそのCMを見たとき凍りついた。信じたくなかった。

それほど、そのCMはインパクトがあったのだ。

当時FFシリーズといえば当然大人気だったのだが、その人気ぶりは今のFFの比ではなかった。その影響力はスゴイものだった。

そこから、PSの大進撃が始まった。

FFの発売と同時にPS本体を買う人が多く本体は一時店頭から姿を消した。
いろいろなソフトがPS用に作られ、有名タイトルもPSに多く発売され、その上バイオハザードのようなオリジナルタイトルも大ヒットするものが出た。

CMも秀逸で購買欲をかきたてられるようなセンスのいいCMが多かった。

そしてダメ押しで日本製RPGのもうひとつの雄、ドラゴンクエストの続編もPSで発売された。

任天堂も遅れてN64を投入したが投入が遅かっただけではなく、容量の少ないROMカセットを採用(PS、SSは大容量のCD-ROM)したことなどいろいろな要素がマイナスに働き、時代の流れに乗ることができず全く振るわなかった。

そして、PSが大きなシェアを獲得し、ソニーの時代となった。

それからPSの次世代機にあたるPS2も据置きゲーム機ではトップシェアを守った。
セガはドリームキャストを最後にハード事業から脱退し任天堂もゲームキューブを投入するがやはりシェアは取れなかった。
ただ、任天堂は携帯ゲーム機は無敵で初代ゲームボーイが発売されてから、ゲームボーイアドバンスに至るまでトップシェアを死守した。

そこで、携帯ゲーム機でも2004年末にソニーと任天堂の戦いが始まった。
グラフィックを追求したPSPと新しい遊びを提案したDSはどちらも好調なスタートを切ったが、徐々に今までにないゲームを生み出したDSに勢いが出てきて、今では圧倒的にDSの勢いの方が上である。

そこにドラゴンクエストⅨ(以後DQ9)のDSへの移籍の発表である。

この発表は今回書いたFF移籍の発表に似ていると思った。

今回のDQ9の移籍の発表はDSに更なる勢いを生むであろう。

個人的なことで申し訳ないが、今僕は任天堂を推している。
新しい遊びが今のゲーム業界には必要と感じているからだ。
まあ、PS時代のFF移籍の悔しさを晴らして欲しいっていうのもチョットはあるけどね(笑)。

ただ、PSPにも魅力はあるのは知っているし、いつか買いたいっていう思いはある。
だから、PSPにも頑張って欲しいっていうのももちろんある。
ただ、Wii Sportsのレビューの記事ときにも書いたが、僕の考えでグラフィック至上主義のマシンだけが生き残るのはもうカンベンして欲しいのだ。
ゲーム業界のことを考えるとそれとは別の方向性をもったマシンが成功しなければゲーム業界のこれ以上の発展は無いと僕は考えている。

かなり話がそれたが、このDQ9の移籍事件というのはゲーム業界にとって大きなものであるということである。

最後にPS派の方、気を悪くしないでくださいね。別にPSを否定してるわけではないですから(汗)。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
僕もFF7がPSで出ることがわかってから、PS買った人種です。^^;
しかもDSもFF3と一緒に買ってしまいました。
DS人気、どこまで行くんでしょうね。
2007/02/27(火) 09:04:21 | URL | 黒ゴマアイス #-[ 編集]
ホントですね
はじめまして、黒ゴマアイスさん。
ホントにあの時のFF7の影響力はスゴかったですよね。
僕もFF7は買ったのですが、残念ながら途中で止まってます。すごく面白いと評判なのでいつかクリアしたいとは思ってるんですが…。

DSとFF3買ったんですか?
FF3どうでしたか?
僕も興味はあるんですが、他にやること一杯でなかなかRPGに手を出せずにいます(涙)

ホントに今のDSの勢いはスゴイですよね。
この人気はまだまだ行くんじゃないですか。
やっぱりドラクエが控えていますからね。

では、これからもヨロシクです!!
2007/02/27(火) 20:56:03 | URL | たなべん #-[ 編集]
FF3、小学校の頃やった以来で、とても懐かしい感じがしました。
リメイクされていた点は、かなり感動したんですが、終わってみると、あれ?こんなに短かったっけ?って感じが。
やっぱりファミコン時代のRPGだからですかね。
今はFF6のアドバンスをちょこっとずつやってます。
「ガンダム無双」って、ちょこっと興味はあるんですが、アクション物は苦手なので^^;
2007/03/03(土) 21:13:29 | URL | 黒ゴマアイス #-[ 編集]
FF6ですか懐かしい
FF3は短いんですね。
昔のゲームは容量の問題でイベント関係が少なかったりするかもしれませんね。
昔はひたすらレベルアップ作業してたとかいうイメージもありますしね。

FF6は僕も半分くらいプレイしましたよ。
途中で、あるキャラクターがいないとこに気付いて、考えてみたら置いてけぼりにしてしもてた!!みたいな(笑)
それからやってないんですけどね。

それも今となったら楽しい思い出です(笑)
2007/03/03(土) 23:27:30 | URL | たなべん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanaben.blog92.fc2.com/tb.php/15-cc6710e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。