あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ウィッシュルーム」
このゲームのCMにはやられた。

物悲しげなBGMが流れるなかで、開かれたDS本体の画面にモノトーンで渋いキャラクターの会話シーンが写り、意味深で気になるセリフが流れた。たった15秒で購買意欲がものすごくUP!!

「これは買わねば!!」

ということで、最近安い中古のソフトしか買っていなかった僕が、なけなしの小遣いをはたいて発売日に定価で買うことに。

ホントに最近の任天堂のCMはうまいよ。そりゃソフトも売れるよ。

で、発売日に安く買える店を確認するため仕事帰りに5件近くゲームショップを回り、とある量販店で4080円でゲット!!売れ行きも結構良く、売り切れの店もちらほら。

家に帰り、ひと段落ついてからゲームで遊んでみた。

ゲームはミステリーアドベンチャーでモノトーンタッチのキャラクターや、落ち着いた感じのホテル内の3D移動画面などグラフィックだけをみると渋いハードボイルドな感じ受ける。

また操作はDS本体を縦に持つ。ちょうど本を持つ感じ。僕の場合はテーブルに置いて遊んだ。だから左手が空いて楽チンでした。
タッチペンだけで操作ができ、気になるところはタッチペンで直接タッチすれば調べたり、取れたりできすこぶる快適である。これに慣れると、もう十時ボタンには戻れない。ただホテルを移動するときのスピードはトロくて少しイライラする。

ストーリーはカイル・ハイドという元刑事の男が主人公。
昔、犯罪潜入中に警察を裏切りった同僚をカイルが撃つが死体は上がらなかったため、生きていると信じその同僚を探している。
そのカイルは現在、レッドクラウン商会という表向きは家庭用品の訪問販売だが裏ではいわくつきの探し物を見つけるというビジネスを手掛けている会社のセールスマンになっている。
そして、仕事のためにホテル・ダスクに向かう…といった感じ。

ゲームを始めてみると、とにかく雰囲気がいい!!
主人公のカイルもカッコいいし、その他のキャラも個性豊かだし。
あのCMが頭をよぎる…これはいい、キタ!!

ところがゲームを始めて数時間、僕は思った。

カイル、君何か違う~~~

このカイルという主人公、ぶっきらぼうで少々口の悪いところがあり、それが最初なかなか良い味を出していたのだが、この男妙に人情深いところがあり途中からホテルの宿泊客らの話に必要以上に首を突っ込みすぎ人の世話を焼くはめになるのだが、気がつけばホテルの従業員の用事まできいていた。

なんじゃ、こりゃ?

あれ?ハードボイルドは?ミステリーは?

確かに、ところどころ事件っぽい話や、謎めいたこともあるんだが、全体的には世話焼きおじさん人情劇場みたいになってた。まあ、心が暖かくなる話もあるんでいいんだけどね。

でも全体的によくできているのは間違いないと思います。
ツメが甘い部分があるところもありますが僕は楽しめました。
ただ、TVCMを見て渋いハードボイルドミステリーを期待している人は、ちょっと肩透かしをくらうかもしれませんが。

興味があれば、是非遊んでみてください。

カイルの笑顔も必見ですよ(笑)

たなべんのこのゲームに対する評価75点

ゲーム情報
対応機種:ニンテンドーDS
メーカー:任天堂
ジャンル:アドベンチャー
定価  :4800円(税込)
発売日 :2007年1月25日

気になる方は下のリンクよりチェック!!
ウィッシュルーム 天使の記憶

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
スポンサーサイト

テーマ:ウィッシュルーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanaben.blog92.fc2.com/tb.php/4-ec27bee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ウィッシュルーム『ウィッシュルーム 天使の記憶』(-てんしのきおく)は任天堂より発売されたニンテンドーDS用ソフト。開発元、キャラクターデザインが同じアナ
2007/02/06(火) 02:45:28 | megumiの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。