あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キングスフィールドのレビュー
今回はキングスフィールド(KING'S FIELD)です。

このゲームはPS初期に発売されたもので3Dポリゴンで構築されたダンジョンを剣と魔法でモンスターと戦いながら進めるRPGだ。

ちょうどウィザードリィをアクティブ3DダンジョンRPGにした感じといえば分かりやすいだろうか。
開発者もウィザードリィを意識したらしい。

ところでゲームの方だが、まず

グラフィックがとても粗い!!

背景や敵や自キャラなど全てポリゴンで作られているのだがカクカクなのだ。
ダンジョンにいる人間などもポリゴンで作られているのだが、粗いだけでなく顔ものっぺらぼうという様だ。

こんな風に言うと手抜きっぽく思われるだろうが、あえてそういう風に作っていると僕は思っている。(まあ、性能的にも丁度良かったのかもしれないが)

この粗いグラフィックのおかげで

すごく雰囲気が良い!!

また、プレイヤーの想像力を程よく掻き立てる程度の粗さなのだ。
当時、僕はあえてこういう風にした(多分)フロム・ソフトウェアに感心した。

また、サウンドも想像力の邪魔にならない程度の環境音を鳴らしているくらいに抑えられている。
おかげで雰囲気もアップ!!

次はゲーム内容だが、とにかくシビア!!

特に序盤。敵に対する攻撃ひとつにとっても、何も考えずに突っ込むと速攻ゲームオーバーになる。
最初は、一番弱い相手にもヒット&アウェイが基本。
また、ちょっと強い相手と戦うと即死。

すぐ、アァ~~~とか言いやがる

でも、レベルが上がったり、武器や防具を手に入れたりして自分が強くなっていき今まで倒せなかった敵が倒せたときはすごくうれしいのだ。
他のRPGよりも強くなった実感が湧きやすいゲームだと思う。
それでも、何故かついつい遊んでしまう。
不思議とバランスが良いのだ。

とにかくダンジョンを攻略しているという実感がすごい!!

このゲームもシリーズ化がされておりⅠ~Ⅲ(PS)、Ⅳ(PS2)(2007/7/1現在)も発売されている。

是非、この臨場感あふれる辛口RPGを試していただきたい!!

たなべんのこのゲームに対する評価85点


ゲーム情報
対応機種:プレイステーション
メーカー:フロム・ソフトウェア
ジャンル:3Dロールプレイングゲーム
定価  :6300円
発売日 :1994年12月16日


気になる方は下のリンクよりアマゾンでチェック!!
キングスフィールド

気になる方は下のリンクより楽天でチェック!!
楽天でゲーム情報をチェック!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanaben.blog92.fc2.com/tb.php/47-ca7f8f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ウィザードリィRPGウィザードリィRPGは1988年にアスキー (企業)|アスキーより発売されたテーブルトークRPG|TRPGである。そのタイトルが示す通りコンピューターRPG ウィザードリィを原作としている。原作のウィザードリィが元祖TRPGダンジョンズ&ドラゴンズをベースにして作
2007/10/01(月) 18:14:16 | テーブルトークRPGマニア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。