あるひとつのゲーム感
レトロゲームから最新ゲームまでゲームレビューもありますよ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミステリーハウス2のレビュー
この前、MSXのテープのゲーム、レリクスのレビューをしました。
今回もMSXのテープのゲームのレビューです。

そのゲームはミステリーハウス2。ちなみに1はやったことがありません。
確かプレイしたのは20年近く前だったと思う。

ゲーム内容はアドベンチャーゲーム。
ある屋敷のなかにある財宝をさがすのが目的。
グラフィックはかなり殺風景だが、それが逆に想像力をかきたたせミステリアスな雰囲気を作り出している。

最近のアドベンチャーといえば、動画バリバリのサクサク進む簡単操作のインターフェイスのゲームが多い。
サウンドノベルものや逆転裁判のようなシナリオ重視のものやミストのような謎解き重視のものなど様々だ。
またジャンルも複雑化している昨今、バイオハザードのようなアクションが組み合わさったものなども多い。

でも当時アドベンチャーといえば、ほとんどこのミステリーハウスのようなゲームばっかりだった。

では、どのようなゲームなのか。

それは、コマンドを入力して進めていくゲームだ。

何年か前まで主流だった「オホーツクに消ゆ」などに代表されるコマンド選択式アドベンチャーゲームというのがあった。
それは「きく」、「みる」などの用意された動作のコマンドを選択して進めていくというもの。
このタイプは基本的に全てのコマンドをしらみつぶしに選べば何とかゲームを進行させることが出来た。

しかし、コマンド入力式では「ドウスル?」、「ナニヲ?」のように聞いてくるので「みる」、「とる」などのコマンドをキーボードで入力しなければならない。

だから、どんな動詞が入るか、どんな名詞が入るかは自分で考えて入れなければならない。

しかも、英単語なのだ!!(日本語入力のゲームもある)

当時、中学校1年生だった僕は和英辞書片手にあれこれ頭を悩ましたものである。

謎解きはあるは、動作を考えないといけないは、単語は調べないといけないはで1画面進めるのに非常に時間がかかる。
今でこそアドベンチャーゲームは画面数が多いだけでなく動画も当然だが、当時容量が数十キロバイトしか無かったので十数枚の画面数しかなかった。

しかし、その1画面、いや1つの謎をクリアしたときの感動ときたら、今のアドベンチャーゲームの比ではない。

便利で難易度が易しいのもいいが、こういった歯ごたえのあるものも解いていく楽しさを味わえて良いと思う。

現在、こういったゲームを遊べる環境はあまり無いが、もし機会があれば是非試していただきたい。

たなべんのこのゲームに対する評価80点

ゲーム情報
対応機種:MSX
メーカー:マイクロキャビン
ジャンル:アドベンチャー
定価  :3800円
発売日 :1984年6月
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/02(土) 11:03:34 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
キャベツさん、はじめまして。
MSX本体とデータレコーダを手に入れるのは至難の業ですよね。
ヤフオクなんかでは出品されていますが、買うまではいきませんね。
でも、時々やってみたくなります。
2009/05/06(水) 16:24:00 | URL | たなべん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanaben.blog92.fc2.com/tb.php/51-a64c6378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。